編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ネティーザ、中小規模向けDWHアプライアンス「Skimmer」発売

田中好伸(編集部)

2010-02-23 12:47

 日本ネティーザは2月23日、データウェアハウス(DWH)アプライアンス製品の中小規模向けのエントリーモデルとして「Netezza Skimmer」の販売を開始したことを発表した。出荷開始は2月末を予定している。

 発売が開始されたSkimmerは分析システムの開発やテスト、データマート、導入や管理が容易なアプリケーションアプライアンスなどの分野で適用できるとしている。

 2009年8月から発売されている「Netezza TwinFin」と同様に、業界標準のブレードサーバとNetezzaのデータベース(DB)アクセラレータカードによるデータ高速処理技術「データストリーミングアーキテクチャ」を採用している。データストリーミングアーキテクチャは、ユーザーからの問い合わせに応じて、データがディスクから読み出されると同時に不要なデータを取り除く仕組み。

 高さ7Uのラックマウント式のSkimmerは、圧縮時で10テラバイトまでのユーザーデータに対応。標準のマルチコアCPUとDBアクセラレータ、メモリで構成される処理ノードである「スニペットブレード」とホストブレードの両方で、IntelのクアッドコアCPUを搭載している。ディスクドライブは9つ搭載している。

 Skimmerは、SQLやODBC、JDBC、OLE DBといった業界標準のインターフェースに対応し、同社の既存製品と同様にインデックスなどのDBチューニングが不要と説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]