編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「Office 2010」、ビジネスユーザー向け発売日は5月12日

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子

2010-03-08 11:21

 Microsoftはビジネスユーザー向けの「Office 2010」「SharePoint Server 2010」の発売日を5月12日と発表した。

 コンシューマーがオンラインや小売店で購入できるのは6月以降となる--Microsoftの代表者が米国時間3月5日付けのMicrosoft Office 2010 Engineeringブログで明らかにした。

 Microsoftは数カ月前から、Office 2010の正式版は2010年の6月までに提供する予定だと述べていた。Office 2010のリリース候補(RC)版は一部テスターに向けて公開されており、数週間以内にRTM段階に入ると予想されている。

 Microsoftはまた、「Office 2007」を購入した人がOffice 2010に無償アップデートできるプログラム「Office Tech Guarantee」も米国時間3月5日にスタートした。

 Office Tech Guaranteeに関する情報がリークしたのは2月のことだ。同プログラムを利用できる条件は以下の通りだ。

  • Office 2007、またはOffice 2007をインストールした新規PCを購入し、2010年3月5日から2010年9月30日までの間にアクティベーションする。
  • Windows Live IDを所有している、または新規作成する。
  • 2010年10月31日までにwww.office.com/techgにアクセスして、Tech Guarantee適用を請求する。

 ところで、Googleが米国時間3月5日、DocVerseの買収を発表している。DocVerseは元Microsoft社員が立ち上げた企業で、Officeユーザーがウェブ経由でリアルタイムでコラボレーションできる機能を開発している。Office 2010は「Office Web Apps」により、同じ機能を提供する予定だ。Microsoftは現在、将来的にOffice Web Appsにリプレースされる「Office Live Workspace」経由で同じようなコラボレーション機能の一部を提供している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]