編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

日立、「Groupmax」ベースのグループウェアSaaS--1ユーザー月額788円から

田中好伸(編集部)

2010-03-29 19:56

 日立製作所は3月29日、同社のグループウェア「Groupmax Collaboration」をベースにしたSaaS「情報共有基盤サービス -コラボレーション機能-」を4月1日から提供することを発表した。まずは従業員1000人以上の大企業を対象に販売するとしている。

 今回のサービスは基本となる「情報共有基盤コラボレーションサービス」と、ユーザー企業のニーズに応じて付け加える「情報共有基盤携帯電話連携サービス」「情報共有基盤メールセキュリティサービス」「情報共有基盤メールアーカイブサービス」で構成される。

 コラボレーションサービスは、メールやスケジュール、ファイル共有、電子会議室、電子掲示板などの各種コミュニケーション機能、それらを利用するためのポータル、コミュニティー管理機能などを提供する。5000ユーザー規模で1ユーザーライセンスは月額788円から、となっている。

 携帯電話連携サービスは、携帯電話からメールやスケジュールを参照、更新するためのもの。メールセキュリティサービスは、ウイルススキャンやメールフィルタリング、迷惑メール(スパム)検出などの機能を提供する。メールアーカイブサービスは、送受信するメールをアーカイブするとともに管理者に検索機能を提供する。価格はいずれも個別見積もり。携帯電話連携サービスの価格の目安は、従業員4000人で同時接続数200人として1ユーザーあたり月額175円としている。

 ベースとなったGroupmax Collaborationは、日立グループ20万人の運用実績がある。今回のサービスは、日立のクラウドソリューション「Harmonious Cloud」のうちの「ビジネスSaaS」のラインアップに追加される。

画像 コラボレーションサービスの画面イメージ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]