編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

SOAの「Service」の意味を本当に理解していますか? - (page 2)

宮本認 (ガートナー ジャパン)

2011-06-23 11:01

「まぁ、いいじゃないですか」

「でも、何を悩むの?」

「うぅん……“Service”って部長、わかります?」

「えっ? あれは、そら…そぅねぇ…。ま、いろいろ…」

「でしょ~。割とわかんないんですよ。僕らのような一般人ってどうしてもサービスって聞くと、『奥さん、今日はサービスしとくね!』系の“おまけ”の意味に近い概念持ってるじゃないですか」

「そうだねぇ……そうじゃない場合は“サービス業”のサービスだよね。この場合、金融業でも製造業でもないって意味だよね。でも金融は、英語で“Financial Service”だから、本当はサービス業だなぁ……あれっ?」

「そうでしょ、部長。悩むでしょ?」

「うん、難しいねぇ。ん? ということは今日の切り出しは“Service”?」

「そうなんです、“Service”なんです。最近気がついたんですけど、ITに関する言葉で結構重要なところに“Service”って言葉が使われているんですよね」

「ほぅ。たとえば、どんなところ?」

「まず、SOAですよね。アプリケーション構築の工法のことをそう呼ぶようになってきている」

「ちなみにさぁ。SOAって、オブジェクト指向と何が違うの?」

「うぅん…一緒でいいんじゃないでしょうか…部長の立場的には。そりゃ、技術的には違いますけど。部長の立場では、それは大きな違いではないと思いますよ。でも、この話はここまでにしましょう。それだけで大きなテーマなんで」

「そう。じゃ話を戻して、他には?」

すべての業務がメニュー化

「“Service Catalogue”ってご存知ですか?」

「まぁ、サービスとカタログは知ってるけど……それ、メニューか何か?」

「あと、IT部門の部門名で基盤部門のことを“Infrastructure Service”といったりしますよね」

「だから、メニューか何か? って聞いたじゃない?」

「あと、当然“Server”もありますよね。どっちかと言うと、中規模コンピュータの意味で使ってますけどね」

「だ、か、ら!」

「すみません。悪ふざけが過ぎました。Service Catalogueとは、部長が仰るように、IT部門がユーザー部門に出しているサービスメニューのことを指します。言葉で説明するよりも、本物を見てもらうのが本当は一番いいのですが、ちょっと出せないのでわかりにくいけど言葉で説明します」

「頼むよ」

「メインフレームとか運用しますよね。それがバッチであったりオンラインであったり。これが、運用全体で一本ではなく、コストが大きく変わる単位ごとに全部メニュー化されていて、1トランザクション当たり◎ドルとかで定義されているものなんです。例えば、Batch Criticalは●ドル、Batch Standardはその5分の1の値段とか。当然、バッチだけではなくて、Online Criticalはいくら、Online Standardはその10分の1とか。これが、IT部門がユーザー部門向けにやる全部の業務について、メニュー化されているんです」

「え、全部?」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]