SOAの「Service」の意味を本当に理解していますか? - (page 3)

宮本認 (ガートナー ジャパン) 2011年06月23日 11時01分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

「そう。全部です。ストレージを提供するなんてのも、Storage Large Scaleだと○ドルで、Storage Small Scaleだと▲ドルだし、運用状況を分析してレポーティングするってのも、Analysis & Reportingで1回当たり△ドルと決まっています。ユーザートレーニングをするのもServiceで、1トレーニング当たり▼ドルですし、機構改革があった時のLANの張り替えなども、当たり前にRelocation Serviceで、1ユーザー当たり▽ドルって決まっています。PCを配ったり、トラブル対応をしたりするのも、当然、Desk Top Support Serviceです。すなわち、全部値段がついている」

「運用がそうなるというのは、すごいイメージがつくけど、開発もそうなの?」

「鋭いですね。これは、Catalogue化されている会社とされていない会社があります。どういう違いか、わかりますか?」

「流れ的にSOAと関係ありそうだね。ちょっと、考えさせて……」

「どうぞ……。ごゆっくり。それはそうと部長、一言いいでしょうか」

「何?」

「このコーヒー、あんまりおいしくないですね」

ITのオペレーションモデルの現代化

「宮本君、こういうことじゃないの……結論から言えば、高度にSOA化されているところはService化が進んでおり、開発などの作業やモジュールに値段がついている。しかし、レガシーシステムが多い場合には、Service化が進んでいないということだね」

「ご名答です」

「理由を説明してみるよ、宮本君。SOA化というのは、ある一面で言えば、モジュールをServiceとして予め作っておくことだよね。一方、従来型の開発は、完全な受注生産。このSOA型開発と従来型開発の間には、原価の把握の違いがある。従来型の開発では、あらゆるコストが原価となるから、そこに付加価値を足したものがフィーであったりコストであったりとなる。反対に、いろいろなところで使うことを前提とするSOAの場合、極論すると、コストの発生と回収の相手が一致していないことが多いから、Serviceとしてフィーにしておかないと、回収が考えにくくなるということじゃないかな」

「いやぁ、部長。相変わらず、素晴らしい。そういうことなんです。これ、何かに似ていませんか?」

「製造業のモデルに近いってこと……かな?」

「本当に部長って素晴らしい。そうなんです。言い方を変えれば、ソフトウェアだけの話をすれば、パッケージベンダーなんかにも近いかもしれませんし、インフラサービスまでを含めて考えると、クラウドベンダーの経営に近いかもしれませんね」

「おぉ。なんか、1回目の話にいきなりつながってきたな。こういう状態に早く持っていくことが“クラウドレディネス”って言っていたっけね」

「そうなんです。部長。クラウドを使おう、買おうとするならば、自分たちがユーザーから見てクラウド化していないと、様々な面で整合性が取りにくくなるんですね。良くIT部門の人が、ユーザーから『クラウドを使いたい』と言われて、直観的に反対することがあります。それはクラウドは本来的に標準的・汎用的な性質のものが多いんですが、個別ケースでのみ使わざるを得ないという事情が将来起こる可能性があることに反発していることが多いですね」

「でも、言われてみると、そうだね。宮本君。あらかじめ開発しておいておくなんて、R&Dの域に近いね」

「そうですね。それ以外に、ユーザーとの関係の視点から、何か気付きませんか?」

(続きは6月30日に掲載予定)

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。現在閲覧中の記事は、画面下部の「Meebo Bar」を通じてソーシャルメディアで共有できます。東日本大震災の情報は、特設サイト「ZDNet Japan after 3.11」にまとめています。

宮本認(みやもとみとむ)

ガートナー ジャパン株式会社

コンサルティング部門マネージング・パートナー

大手外資系コンサルティングファーム、大手SIerを経て現職。16業種のNo.1/No.2企業に対するコンサルティング実績を持つ。ソリューションプロバイダの事業戦略、組織戦略、ソリューション開発戦略、営業戦略を担当。また、金融、流通業、製造業を中心にIT戦略、EA構築、プロジェクト管理力向上、アウトソーシング戦略プロジェクトの経験も多数持つ。

編集:田中好伸

Twitterアカウント:@tanakayoshinobu

青森生まれ。学生時代から出版に携わり、入社前は大手ビジネス誌で編集者を務めていた。2005年に現在の朝日インタラクティブに入社し、ユーザー事例、IFRS(国際会計基準)、セキュリティなどを担当。現在は、データウェアハウス、クラウド関連技術に関心がある。社内では“編集部一の職人”としての顔も。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]