ITデリバリモデルの現代化はIT部門の現代化を求める - (page 3)

宮本認 (ガートナー ジャパン) 2011年06月30日 14時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

「そうなんです、部長。そこなんです。以前、人を育てるのは、むしろ仕事の設計をきちんとした方がいいと申し上げたこと、覚えていますか? それは、ここで言っていることなんです」

「あぁ、なるほどねぇ…」

日本のIT部門は多能工

前回申し上げたんですが、技術は分散と統合をして進化していきます。ということは、技術を担当する人間は“分散”しておかれる必要があるんですね。でも、それだけだと単にバラバラな仕組みをバラバラに運営することとなるので、“戦略~計画~調達~実行~運営管理”というサイクルなど、そういうところには“統合”された担当を置き、バランスを取っていくことも、組織として運営を円滑化するために一方で必要なんですね」

「…………」

「欧米企業では、10人くらいの“専門家”がやることを、日本では1人でこなそうとしている。そういったことをわかってやっているのであれば、それなりに工夫をして、賢い組織を運営することになるんでしょうが、多くの日本企業ではわかっていない」

「う~む」

「単に一生懸命やっているから、どうしても穴が生じる。あるいはシンプルに“外部化”ってことをやるから、大切なものを残さずに外出ししてしまうので、ベンダーがコントロールできなくなることの方が多い。そして、人材育成は……。それはね…育たないですよ。あたかも、必要な仕事の中身をよく考えないで、向き不向きもよく考えずに、全員をCIOにしようとしているようなもんですから」

「そうだねぇ……何か、ちょっと傷ついてしまうなぁ……今の話は」

プロセス技術部門に近づくIT部門

「当然、欧米企業でも“細かいことが苦手だけど企画が得意な人”もいれば、“コツコツと仕事をするのが得意な人”ってのもいるんですね。細かいことが苦手だけど企画が得意な人っていうのは欧米企業の場合、Architect的なService開発やRelationship Managerなどの現代のDelivery Modelで真ん中に位置する役割を担うんですね」

「なるほど」

「一方、コツコツと仕事をするのが得意な人っていうのは、Database AdministratorとかIT Asset Managementなど、非常に重要だけど、継続性や正確性が重要な意味を持つ仕事を担当することが多いんですね。すなわち、現代のITが求めるデリバリモデルを成立させるように、細分化すべきところは細分化し、統合化すべきところは統合化するようにして、組織をモダンにしているんです」

「う~ん」

「Service化というのは、何もSOAというアプリケーションの作り方だけの世界の話ではないんです。企業経営におけるIT部門の存在の仕方にも大きな転換を求めるものなんです。言い方を変えると、製造業には製品開発部門と、生産技術部門がありますよね。欧米企業では、IT部門はこの生産技術部門に近い役割を果たすように移ってきています。プロセス技術部門って言うといいんですかね……実際、いくつかの欧米企業では、IT部門のことを“Business Technology”と呼ぶようになっています」

「へぇ~」

「すなわち、自分で研究し、企画し、作り、提供し、回収する部門に変わってきています。これが、クラウドレディネスができている状態です」

「あぁ…そういう状態、理想だねぇ。IT部門の社員の士気も上がるねぇ。そういう状態になっていると」

(続きは7月7日に掲載予定)

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。現在閲覧中の記事は、画面下部の「Meebo Bar」を通じてソーシャルメディアで共有できます。東日本大震災の情報は、特設サイト「ZDNet Japan after 3.11」にまとめています。

宮本認(みやもとみとむ)

ガートナー ジャパン株式会社

コンサルティング部門マネージング・パートナー

大手外資系コンサルティングファーム、大手SIerを経て現職。16業種のNo.1/No.2企業に対するコンサルティング実績を持つ。ソリューションプロバイダの事業戦略、組織戦略、ソリューション開発戦略、営業戦略を担当。また、金融、流通業、製造業を中心にIT戦略、EA構築、プロジェクト管理力向上、アウトソーシング戦略プロジェクトの経験も多数持つ。

編集:田中好伸

Twitterアカウント:@tanakayoshinobu

青森生まれ。学生時代から出版に携わり、入社前は大手ビジネス誌で編集者を務めていた。2005年に現在の朝日インタラクティブに入社し、ユーザー事例、IFRS(国際会計基準)、セキュリティなどを担当。現在は、データウェアハウス、クラウド関連技術に関心がある。社内では“編集部一の職人”としての顔も。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]