世界2位のクラウドベンダー コンカーが国内展開を本格化--三村社長に聞く - (page 5)

大河原克行

2012-02-10 12:43

--今後の日本における展開はどうなりますか。

三村:まずは、コンカーの知名度を高めることですね。キャッチフレーズのようにいえば「知名度ゼロからの垂直立ち上げ」を目指します。そして、大手企業における本社主導型の導入など「マイルストーン・リファレンス」となるものを作りたいですね。

 2月13日からサービスを開始する「Concur Expense日本語正式サービス」によって、より多くの企業に、日本の利用環境に適したソリューションを提供できると考えています。

コンカーの三村真宗社長
コンカーの三村真宗社長

 また、外部インターフェースである「Concur Connect」を活用することで、国内のシステムインテグレーターがソリューションを作り込むといった取り組みも開始したいと思っていますし、米国では中小企業向けの「Concur Breeze」や、セールスフォースと連動した「Concurforce」といった製品もあります。これらは2013年以降に日本市場でも展開したいと考えています。

 私は日本において「ESM(従業員経費管理:Employee Spend Management)」という新たな呼び方、新たなソリューションジャンルを確立したいと考えているんです。すでに米国では使われ始めている言葉ですが、日本のIT産業においてERPやCRM、BIといった言葉と同様に、ESMという呼び方が定着するところまで市場を育て上げたい。

 そのためには、IT部門や経理部門、そして現場が、経費管理そのものを改革テーマのひとつにあげて取り組む状況を作り上げなくてはなりません。それが経営にとっても重要なものであることを広く理解してもらいたい。まだまだ緒についたばかりです。やることはたくさんありますよ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]