編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

転職で成功するためには--CIOに贈る5つのアドバイス

Nick Heath (TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2012-02-17 07:30

 優れた最高情報責任者(CIO)であれば、在職中に多くのことを成し遂げるだろう。しかし転職の際に、自らの成果を新たな雇用者に対して説明するのは簡単なことではない。というのも、多くの最高経営責任者(CEO)にとってIT技術が不可解なものとなっているためだ。

 転職活動を行うITリーダーにとって、自らのキャリアのうちでどれが将来の上司に対して最もアピールするのかや、テクノロジについてどの程度詳しく語るべきか、どのように主張すれば自らが最適の人材であると納得してもらえるのかという判断は難しい場合も多々あるはずだ。

 企業幹部を対象とするヘッドハンティング会社として世界各地に拠点を構えるOdgers Berndtsonにおいて、英国のCIO/CTO部門の責任者を務めており、この道で10年以上もの経験を有しているAlan Mumby氏は、潜在的な雇用者に対して自らをアピールする方法として以下のティップスを披露している。

#1:あらゆるものごとを定量化する

 CIOが自身の価値を現在の、あるいは未来の上司に説明しようとするのであれば、定量化に秀でている必要がある。

 Mumby氏によると、同氏の知っているCIOのなかで最も成功している人物は「約200種類の基礎数値」(サーバの応答時間から必要な要員の規模にいたるまでのあらゆるものごとを網羅している)を把握しているため、要件単位のITコストを系統立てて算出できるという。

 いったんコスト見積もりが完了すると、その額を超えて予算を消費することは認められず、同額のまま推移させるか、削減することしかできない。このためCIOとIT部門は、自社の価値を高めるために日々、その額の削減に腐心することになる。

 ここで重要なのは、ITによって自社にもたらされる事業価値をCIOが定量化できるという点である。そしてそれこそが、雇用者の知りたい重要な数値なのである。


Shutterstockより

#2:自らの作業を羅列するだけに終わらない

 残念なことにCIOやIT部門の責任者の多くは、履歴書や添え状を書く際に作業と成果を混同してしまっている。

 未来の上司に対して、SAPのERPシステムを導入した経験や、Microsoft Exchange Server 2007に移行した経験のみを語っても何の意味も持たない。業務にどのようなメリットが生み出されたのかについて具体的に言及しなければならない。

 Mumby氏は、英国ウェールズで最近開催されたCIO向けのイベントで「ほとんどのCIOやIT責任者は、自らが行ってきたこと、すなわち作業や取り組みに焦点を当てている。つまり、焦点を当てるべき対象を間違えているわけだ」と述べている。

 あなたの指揮したプロジェクトが企業にもたらした価値を定量化できないというのであれば、採用担当者はあなたに興味を抱くこともないはずだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]