編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

キヤノンMJ、西東京市に新データセンター--ティア4でPUEは1.4

田中好伸 (編集部)

2012-04-20 15:59

 キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)とキヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は新しいデータセンターを建設して、10月からサービスを提供する。両社が4月19日に発表した。

 新データセンターは西東京市に建設中。武蔵野台地のほぼ中央に位置して、強固な地盤の上にあるという。東京都の地震に関する調査によれば、同地は建物の倒壊や火災などのリスクが少なく、津波や液状化のリスクもほとんどない地盤だとしている。免震策として、免震装置とオイルダンパーを組み合わせて地震の影響を軽減、制震ダンパーで縦揺れも低減できるとしている。

 敷地面積は1万6532平方メートル、2300のラックを設置できるという。地下1階から地上4階の構造であり、1階に700ラック、2階に800ラック、3階に800ラックとなっている。

 CPU室の床耐荷重は1平方メートルあたり1.5トンとなっており、高集積サーバや大型のストレージを設置できる。二重床の高さは1000mmで、床下ケーブルの配管に邪魔されずに冷気を送れることから、空調の効率化を図れるとしている。

 電源の供給は、1ラックあたり平均6kVA、最大20kVA。電力と通信の引き込みは2系統にするとともに、冷凍機や冷水配管は2N構成、空調機はN+2の冗長構成という障害対策を取っている。

 非常用の自家発電設備はN+1構成。負荷が最も高い状態でも72時間稼働が可能な燃料を確保すると同時に、最優先燃料供給契約を複数確保している。日本データセンター協会が定める評価基準で最も高い「ティア4」となっている。

 空調では、高効率熱源空調機器を導入、免震ビットの冷気を活用したクールビットなどの仕組みを取っている。電力使用効率(Power Usage Effectiveness:PUE)は1.4の設備設計となっているという。

図 完成イメージ

 ITILをベースにした運用サービスを提供する。新データセンターでは、業務システム運用サービスや運用監視サービスを提供していく。キヤノンMJとキヤノンITSは、新データセンターを中核にして、グループのクラウドサービス基盤「SOLTAGE」やビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)を強化して、アウトソーシング事業を拡大していく。

 これまで大企業を中心に提供してきたSIサービスに加えて、システム運用サービスを提案していく。データセンターやシステム運用、クラウド、BPO、保守などのストック型ITサービス事業全体で2015年に約500億円の売り上げを目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]