社会インフラ事業が堅調な東芝、重電が安定支える三菱電機 - (page 4)

大河原克行

2012-05-18 20:20

 それに対して、家庭電器事業では、エコポイント制度の反動や、欧州を中心とした海外向け太陽光発電システム、および国内向け給湯器とIH調理器の減少により、売上高は前年比8%減の8492億円、営業利益は196億円減の223億円と、唯一の減収減益部門となっている。

 一方、2012年度業績見通しは、売上高が前年比2.8%増の3兆7400億円、営業利益が11.3%減の2000億円、税引前利益が19.7%減の1800億円、当期純利益が7.1%増の1200億円を計画している。

 部門別では、電子デバイスを除くすべての部門が増収するとものの、営業利益では家庭電器を除くすべての部門が減益の計画となっている。

 なお、三菱電機の2012年度の業績予想のなかには、電子システム事業における防衛省や独立行政法人宇宙航空研究開発機構などとの契約において、費用の過大計上や不適切な請求を行っていたことによる指名停止などの措置の影響を盛り込んでいる。

 電子システム事業における宇宙関連事業への影響をはじめ、2012年度業績に対して、指名停止の影響は大きいというそうだ。

 さらに、この問題で今後発生するとみられる返納金などについては、業績予想のなかには盛り込んでおらず、同社では「今後、返納金などの発生により、当社グループの業績に重要な影響を及ぼす可能性がある」としている。

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

関連キーワード
東芝
三菱電機

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]