ファイザー、販売実績管理をハイブリッドクラウドで稼働--NECのSaaS活用

田中好伸 (編集部) 2012年07月30日 13時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 医療用医薬品大手のファイザーは販売管理システムをクラウドとオンプレミスで構築、本格稼働させている。システムを構築したNECが7月30日に発表した。

 本格稼働させている販売管理システムは「実消化」と呼ばれる、製薬会社での卸経由の製品販売実績を管理するシステム。これまで製薬会社は医薬品卸から業界VAN経由で入手した販売実績データを、自社で活用できる形に変換処理する仕組みを各社ごとに構築、運用していた。

 卸から医療機関や調剤薬局に納入された実績を意味する実消化データは、販売実績管理、分析、戦略策定などのマーケティング業務や人事業績評価など製薬会社での重要な指標の基礎データとなり、各種業務システムで活用されている。NECは、製薬会社が医薬品卸の販売、納入実績を把握するためのデータ変換処理になる実消化システムを2011年1月からSaaSとして提供している。

図

 ファイザーが今回本格稼働させているシステムは、実消化クレンジングにNECのSaaSを活用している。NECのSaaS型実消化システムはNECの共通IT基盤サービス「RIACUBE」で稼働している。ファイザーは、NECがインフラサービスで内部統制保証報告書を受領しているなどの信頼性向上に向けた取り組みを評価している。

 サービス基盤上での処理時間を向上させているために、処理エンジンにNECのデータ処理高速化ソフトウェア「InfoFrame DataBooster」を採用している。400万件のクレンジング処理に要する時間は約20分と説明している。

 SaaSで提供される実消化システムは、ファイザー内部のオンプレミス環境で稼働しているセールス統合マスタ管理システムと連携している。セールス統合マスタ管理システムは組織や担当者、エリア、施設担当、製品など各種営業基本情報を管理する。

 セールス統合マスタからのデータ提供できめ細かい処理が可能となり、人事異動や組織変更など経営上の変更にも柔軟に対応できる。システム全体は8カ月で構築している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算