編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

個人向けクラウドストレージサービス10種、最高のサービスは? - (page 5)

Steven J. Vaughan-Nichols (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2013-03-28 07:30

 不思議なのは、ストレージを追加する場合、Megaから直接購入することはできないということだ。ストレージ容量を増やしたい場合は、Megaの代理店を通さなくてはならない。その場合の価格は、500Gバイトのストレージに対して月10ユーロからになっている。2013年2月時点では、北米にはMegaの代理店は存在しないようだ。

 うますぎる話は疑ってかかるべきだというのは、本当だ。Megaの約束する話は、本当であるにはうますぎる。このサービスを選ぶべきではない。そのうちにKim Dotcom氏がこのサービスを正常化するのだろうが、今はまだ実現していない。

Microsoft SkyDrive

 大抵のクラウドサービスと同じで、「SkyDrive」でもファイルの保存、共有、アクセスが可能だが、ほとんどのOSでは、これらの機能をブラウザから利用する必要がある。IEが想定されているのだろうが、他のブラウザでも使用できる。ただし、SkyDriveはWindows 8のファイルマネージャと相性がいい。また、Microsoft Officeとの連携もしっかりしている。Google Driveと同じように、SkyDriveには、自社のクラウドベースのオフィスソフトウェアである「Office Web Apps」が付いてくる。

 SkyDriveには、私が気に入らない機能もある。自分のアカウントに紐付けられているあらゆるPCからファイルを取り出し、リモート操作でクラウド上に置くことができるのだ。これは、PowerPointのプレゼンテーションを家に忘れてきた、というような場合には素晴らしい機能だろう。しかし、誰かが自分のMicrosoftアカウントのログイン情報と、SkyDriveの2要素認証に使われている携帯電話を入手し、Quickenの財務ファイルを手に入れようと考えれば、それほど素晴らしい機能とは言えない。この機能はオフにすることもできるが、デフォルトの状態では有効になっている。私には、この機能は潜在的なセキュリティホールに見える。

 よい点を挙げると、SkyDriveは7Gバイトの無料ストレージを提供しており、これは他の多くのサービスよりも多い。年10ドルで10Gバイト追加することもできる。50Gバイトで年たったの25ドル、100Gバイトでは年50ドルだ。SkyDriveの料金はかなり安いが、最近Microsoftのビジネスクラウドサービス「Azure」で、クラウドストレージの大規模な障害が発生したことを指摘しておくべきだろう。

 Windowsユーザーには、SkyDriveが最適のクラウドストレージソリューションになるかもしれない。価格は申し分ないし、「Windows 8」との相性は素晴らしく、「Windows Phone」でネイティブに動作するのはSkyDriveとBoxだけだ。ただし、PCからリモートでファイルをダウンロードする機能の使用についてだけは、気をつけた方がいいだろう。

SpiderOak

 クラウドストレージにプライバシーが欲しいという人もいるだろう。Megaもプライバシーを約束しているが、私はプライバシーが欲しいなら「SpiderOak」を選んだ方がよさそうだと感じている。SpiderOakは、サーバ側ではユーザーが何を保存しているのかまったく知ることがない。クライアントソフトウェア(デスクトップではLinux、Windows、Mac OS X、モバイルOSではAndroidとiOSをサポートしている)で、SpiderOakのサーバに送る前にあらゆるものを暗号化するためだ。ただし、パスワードだけはしっかり管理する必要がある。SpiderOakの運営会社でさえ、パスワードを紛失したユーザーを助けることはできない。

 SpiderOakは主にビジネス利用を想定しているが、2Gバイトの無料ストレージを利用することもでき、100Gバイトあたり月10ドルという、手頃な個人向けプランも用意されている。企業向けのサービスは、1テラバイトで月600ドルからだ。私が気付いた欠点の1つは、ファイルのダウンロードやアップロードが他のサービスよりも若干遅いことだ。しかし、Megaに比べればまったく問題はない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]