編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

AWS Summit Tokyo 2013--クラウドのイノベーションはビジネスモデルも変革させた

三浦優子

2013-06-06 10:15

 アマゾン データ サービス ジャパン主催のカンファレンス「AWS Summit Tokyo 2013」が6月5日に開幕した。オープニングキーノートとして、米Amazon.comの最高技術責任者(CTO)であるWerner Vogels氏が講演し、「クラウドコンピューティングが起こしたイノベーションはテクノロジだけでなく、ビジネスモデルを大きく変革させた」と強調。日本でIaaS/PaaS「Amazon Web Services(AWS)」を利用するパートナー企業の事例を交え、AWSが実現したイノベーションをアピールした。

 同日からAWSは、東京リージョンでデータウェアハウス(DWH)サービス「Amazon Redshift」とRedshift向けの仮想マシン「Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)」のインスタンスタイプのHigh Storage Instance、Amazon EC2の高性能コンピューティング(HPC)向けインスタンスとして「Cluster Compute Eight Extra Large(CC2)」と「High Memory Cluster Instance(CR1)」の提供を開始した。


Amazon.comのCTOを務めるWerner Vogels氏

クラウドのメリットは何か

 Amazonは、2006年に3月にストレージサービス「Amazon Simple Storage Service(S3)」の提供を開始。それ以来、コンピューティング、ストレージ、データベース、アプリケーション管理など33種類の提供を開始している。

 「特定の技術、特定のベンダーにロックインされない、顧客第一主義のサービスを提供していることが大きな特長」(Vogels氏)で、主要ITベンダーと協業関係を築いているほか、日本にも野村総合研究所など100社を超えるパートナー企業を持つ。

  • AWSは幅広いテクノロジに対応する

  • 100以上のパートナー企業

 新しいサービスの提供を取り組むことにも前向きで「AWSではイノベーションを積極的に推進してきたが、そのスピードはさらに加速。2013年に入って5カ月間で提供した新サービスとアップデートだけで92におよぶ」という。

 その源泉となっているのが「顧客第一主義を貫く」というその姿勢。クラウドサービスを提供することも「競争が激化し、資本は限られている状況で、不確実な先行投資、不要なリソースから解放する」という姿勢がベースとなっているとVogels氏は説明した。

 クラウドの特長として(1)先行投資が不要、(2)低い運用コスト、(3)容量を柔軟に変更できる、(4)アジリティ、(5)コアコンピタンスへの集中、(6)数分で世界に展開――という6点を挙げる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]