Interop Tokyo 2013

写真で見るInterop Tokyo 2013--幕張メッセに張りめぐらされた先進のネットワーク「ShowNet」の正体 - 12/18

岡田靖

2013-06-17 00:00

日本市場に絞ったコンテナ型データセンター

 毛色の変わった展示としては、もう一つ、日本フルハーフのコンテナ型データセンターも目を惹いた。コンテナ型データセンターは他にもあるが、このシステムは日本独自の31フィートコンテナをベースとしているのがポイントだ。

 外国ベンダーのコンテナ型データセンターはコンテナ船の世界標準となっている40フィートを使ったものが一般的だが、40フィートでは日本国内の輸送事情、特に道路の制約により移動が難しいとされ、せっかくの機動力を上手に生かせない。31フィートはJR貨物が規定した日本ローカルの規格ではあるが、10トントラックと同程度の容積で、国内の道路でも取り回しやすいのが特徴だ。

 写真は、コンテナ型データセンター外観。専用トレーラも振動を抑えるエアサス車となっている。同社が培ってきた冷凍・冷蔵コンテナのノウハウを生かした温度管理機能も大きな特徴だ。

 コンテナに気密性を持たせて冷気が逃げないようにしているのはもちろん、冷媒が自重で内部に降りてくるよう熱交換機をコンテナ上部に設けて効率的な冷却を実現した。コンテナ前方の空調機器は常に内部の空気を循環させると同時に、熱交換機だけでは温度上昇を抑えられない場合に限って強制的に冷やすようになっている。

 この空調システムにより、PUE(Power Usage Effectiveness)1.1~1.4という高い電力使用効率を達成できるという。

日本市場に絞ったコンテナ型データセンター

 毛色の変わった展示としては、もう一つ、日本フルハーフのコンテナ型データセンターも目を惹いた。コンテナ型データセンターは他にもあるが、このシステムは日本独自の31フィートコンテナをベースとしているのがポイントだ。

 外国ベンダーのコンテナ型データセンターはコンテナ船の世界標準となっている40フィートを使ったものが一般的だが、40フィートでは日本国内の輸送事情、特に道路の制約により移動が難しいとされ、せっかくの機動力を上手に生かせない。31フィートはJR貨物が規定した日本ローカルの規格ではあるが、10トントラックと同程度の容積で、国内の道路でも取り回しやすいのが特徴だ。

 写真は、コンテナ型データセンター外観。専用トレーラも振動を抑えるエアサス車となっている。同社が培ってきた冷凍・冷蔵コンテナのノウハウを生かした温度管理機能も大きな特徴だ。

 コンテナに気密性を持たせて冷気が逃げないようにしているのはもちろん、冷媒が自重で内部に降りてくるよう熱交換機をコンテナ上部に設けて効率的な冷却を実現した。コンテナ前方の空調機器は常に内部の空気を循環させると同時に、熱交換機だけでは温度上昇を抑えられない場合に限って強制的に冷やすようになっている。

 この空調システムにより、PUE(Power Usage Effectiveness)1.1~1.4という高い電力使用効率を達成できるという。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]