編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」
経営戦略から見たビッグデータの核心

ビッグデータにおける組織のあるべき姿

辻 大志(バーチャレクス・コンサルティング)

2013-07-12 07:30

 情報テクノロジーの分野において「ビッグデータ」というキーワードがかなり浸透した。しかし、企業経営の現場では言葉だけが躍り、このキーワードへの期待と疑念という両極端の反応が見られる。本連載では、企業経営の観点からビッグデータのとらえ方や企業経営への生かし方について考察し、経営戦略上の核心に迫る。

 前回は、データの「取得」「分析」「共有」という3つのプロセスに沿って、ビッグデータの運営モデルを考察し、それぞれの運営モデルを描く際に重要となる視点を整理した。では、それらの運営モデルも含め、ビッグデータ活用をどのような体制で運営していくべきであろうか。本稿では、ビッグデータ活用による恩恵を最大化するための組織の体制や運営について議論する。

 事業環境が変化すれば、それに合わせた組織体制が議論されるのは当然だが、新しい技術要素が出るたびに、「これからの情報システム部門の在り方」や「今後求められる最高情報責任者(CIO)像」といった話題が持ち上がるのも今ひとつ現実感がない。

 確かに、1つの技術要素の普及のみによって、組織に影響を及ぼすことはまれと言ってもよく、毎度のように組織体制や組織運営について議論されるのはおかしいだろう。しかし、今、われわれは、そういった議論をせざるを得ない大変化の渦中にいる。それは当然ながら「ビッグデータ」のみを指しているわけではない。

 本連載は、ビッグデータに主眼を置いているが、それ以外にも「クラウド」「スマートデバイス」「ソーシャルメディア」などが同時並行的に急速な成長と発展を続けている。これらの影響により、企業の事業運営も変化を余儀なくされており、当然、その変化に合せた新たな組織体制や組織運営が議論されるべきときにある。

 すなわち、これまで新しい技術要素が出るたびに幾度となく組織体制や組織運営というテーマが騒がれたが、今こそ、新たな情報技術環境に適した組織体制や運営方法を検討し、組み立てる必要がある。

組織体制、運営における検討要素

 組織にかかわる検討においては、Strategy(戦略)、Staff(人材)、Skill(スキル)、Style(風土)、Shared Value(価値観)、Structure(組織構造)、System(仕組み)という7つのS、さらにまとめると4つの構成要素を整理することが重要である。組織は、「人・要員」の集合体である。人の集合体は独自の「文化・風土」を有する。それらは、明確な「戦略」を共有する必要があり、それらを支える「仕組み」が必要である。

 ビッグデータ活用による恩恵を最大化するための組織体制や組織運営を検討するに当たっても、この4つの構成要素を整理することで、目指すべき絵姿が明確になる。以下、これらの4つの構成要素ごとに、ポイントとなる観点を挙げていきたい。

図1
図1

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]