編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
経営戦略から見たビッグデータの核心

ビッグデータにおける組織のあるべき姿 - (page 3)

辻 大志(バーチャレクス・コンサルティング)

2013-07-12 07:30

時代と市場に合った文化・風土の醸成

 組織にはそれぞれ文化や風土が宿る。事業の成長や展開において、組織の文化・風土が極めて重要な要素であることは言うまでもないことだが、ビッグデータの取り組みにおいても、組織の文化・風土が重要な要素となる。ビッグデータ活用による恩恵を最大化できるか否かは、組織の文化・風土に懸かっていると言っても過言ではない。組織の文化・風土は一朝一夕には変えられないものであるが、その重要性を理解し、ビッグデータの取り組みとそのための組織体制や組織運営を考えていただきたい。

 ビッグデータの取り組みにおいては、当然とも言えるが、その組織がデータ重視の文化・風土を有していることが望ましい。データウェアハウスやBI(ビジネスインテリジェンス)ツールの導入など、データ活用のこれまでの取り組みでは、一部のユーザーの利用にとどまり、定期的・定型的なレポートの出力程度にしか利用されていないといった状況を多く目にしてきた。

 これらの組織では、データを基に現状をとらえ、データを基に議論するという文化・風土が育まれておらず、高度な分析機能があっても利用されないばかりか、基礎的なデータが示す示唆や兆候さえも見落としてしまい、まったく事業に寄与しない状態となっている。このような組織では、データ重視の啓蒙活動をいかに進め、データに基づく意思決定をどのように浸透させるかを念頭に、組織体制と組織運営を検討する必要がある。

 ビッグデータの取り組みと組織の文化・風土というテーマでは、もう1つ言及しておきたい点がある。それは、個人情報の取り扱いについてである。個人情報の取り扱いというと、情報セキュリティ管理体制などの話を思い起こされた方も多いと思うが、私がここで言いたいのは、個人情報をより積極的に活用する文化や風土についてである。

 個人情報の取り扱いにおいては、情報の漏えい、プライバシーの侵害、個人情報保護法違反、ひいては企業の評判低下、集団訴訟、規制強化といった大きなリスクが存在する。日本の多くの企業はこうしたリスクにおびえ、個人情報の利用にちゅうちょしており、事業に生かしきれておらず、そういった文化・風土が染み付きつつある。

 一方、Gang of Four(Google, Apple, Amazon, Facebook)を含む外資系企業を見てみると、リスクに配慮しつつも、個人情報を積極的かつ大胆にビジネスに活用し、新しいビジネスサービスを作り上げている。こうした個人情報の取り扱いにかかわる文化・風土の違いが、ビジネス競争の結果に大きく表れている以上、われわれはこれを看過することはできない。

 ビッグデータという段階に入り、個人レベルのさまざまなデータを収集・蓄積できるようになった今、個人情報の取り扱いに対する態度がビジネスの成長と発展を左右する要素となる。すなわち、ビッグデータの取り組みにかかわる組織体制や組織運営を考えるに当たっては、個人情報を積極的かつ大胆に取り扱う文化・風土の醸成も視野に入れる必要がある。

 例えば、グレーゾーンの個人情報などについて、プライバシーポリシーなどであいまいな表現にとどめる、これが問題になるケースがよくある。多少、問題が生じるリスクがあろうとも、その情報利用内容を明示し、ユーザーの同意をきちんと得るということが、ルールとしても文化・風土としても染み付いている組織でなければ、これからの情報活用競争に出遅れてしまうのである。

 繰り返しになるが、組織の文化・風土は短期的には変えられず、時間を要するものではあるが、それらを念頭に置いた組織体制や組織運営を検討しない限り、芽が出ることもない。データ重視の風土・文化、個人情報を積極的に利用する風土・文化を育んでいくことを踏まえ、ビッグデータの取り組みにおける組織体制・組織運営を検討していただきたい。

組織検討における「仕組み」という観点:短サイクルの見直しで磨かれる仕組み

 4つ目の観点は、組織検討における「仕組み」であるが、これについては、先に述べてきた「戦略」「人材・スキル」「文化・風土」を踏まえ、われわれの意見を述べる。すべての企業・組織にこの意見が当てはまるわけではないが、仕組みの一例として参考になればと思う。

 われわれは、ビッグデータの取り組みとして、「Strategic Data Analytics Center」というデータ利用の専門チームを設けることを推奨している。これは先に述べた「戦略」「人材・スキル」「文化・風土」で挙げたポイントを踏まえた仕組みとなっている。

図3:Strategic Data Analytics Center
図3:Strategic Data Analytics Center

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]