編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内
Oracle OpenWorld 2013

Oracle OpenWorld 2013の全体像--インメモリオプションからアメリカズカップまで - 6/33

怒賀新也 (編集部)

2013-09-30 10:34

富士通の佐相秀幸副社長は、「M10はOracleのインメモリオプションでロー型とカラム型を使い分けるデータベースの処理に最適化されている」と話した。

今後はソフトウェアで処理しきれなかったものをプロセッサがこなす「ソフトウェアオンチップ」の技術を深めていく考えを示した。

また豊木氏は、旧Sun時代と現在のOracle時代の協業関係について「Oracleには(データベースなど)さまざまなソフトウェア製品があるため、その連携を前提としたハードウェアの開発が求められる面で技術的に良いものを目指せるようになっている」と話す。今後もOracleとの協業関係を深めていきたいとしている。

富士通の佐相秀幸副社長は、「M10はOracleのインメモリオプションでロー型とカラム型を使い分けるデータベースの処理に最適化されている」と話した。

今後はソフトウェアで処理しきれなかったものをプロセッサがこなす「ソフトウェアオンチップ」の技術を深めていく考えを示した。

また豊木氏は、旧Sun時代と現在のOracle時代の協業関係について「Oracleには(データベースなど)さまざまなソフトウェア製品があるため、その連携を前提としたハードウェアの開発が求められる面で技術的に良いものを目指せるようになっている」と話す。今後もOracleとの協業関係を深めていきたいとしている。

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]