編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
三国大洋のスクラップブック

「より軽く、薄く、高速に」--iPad Airにみるアップルの愚直さ - (page 4)

三国大洋

2013-10-31 18:03

 「より軽く、薄く、高速に」(“Lighter”、“Thinner”、“Lighter”)というのは、下掲の動画にも出てくるように、AppleがSteve Jobsの時代からずっと続けてきていること(「ナントカの1つ覚え」といった言葉も頭に浮かんでくる)。だから、その点だけ切り取ってみると、今回のiPadからiPad Airへのアップグレードにも革新的といえるほど目新しい点は特にないかもしれない(ユーザーの視点の動きをトラックして、ページを自動的にスクロールしていく、といったギミックは少なくともない)。

[Apple CEO Steve Jobs introduces iPad 2, a faster, thinner and lighter tablet]

 ただ、愚直なまでに同じ事柄を繰り返すAppleの姿勢、そこから生じる結果の「質的な違い」に、今回ほど期待させられることもめずらしい。早くその違いを確かめてみたいと思う次第である。

最後に。

 Benedict Evansというアナリストが「二極化するタブレット市場」について言及した記事の中には、かなり興味深いチャートと指摘が載っている。iPad、Google経由でアクティベートされたAndroid(GoogleのNexusを含む)、それに中国などでたくさん売れているという(Googleを経由しない)Androidタブレットについての販売台数を示したもので、これを見るとiPad、Googleの把握するAndroid、中国製などその他のAndroidがほぼ3等分していることが分かる。

 ただし、非Google経由のAndroidについては「中心価格帯が75~150ドルで、テレビと競合する使われ方をしているもの(ネット動画視聴)が多い」とか、「Nexusの出荷台数はごくわずか」とか、「PC代わりに使える300ドル以上の価格帯では、iPadはいまなお事実上敵なし」とかいった指摘があり、経済系ニュースサイトでよく目にするような、大手調査会社のまとめた市場シェアに関するデータとは実情がかなり異なることも伺われる。簡単に言ってしまえば、「単純な台数によるシェア比較は、もはやほとんど役に立たない」ということになろうか。

iPads, price and self-selection - Benedict Evans

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookTwitterRSSメールマガジンでも情報を配信しています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]