編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」
大河原克行のエンプラ徒然

MSの研究開発を画で見る--第2回:ビッグデータ技術とクラウドの進化 - 10/11

大河原克行

2013-11-06 12:00

eHeritage on Azure
 MSRAが展開している「eHeritage」プログラムは、アジア太平洋地域での産学官との共同研究プロジェクトを支援。文化遺産のデジタル化や保存、普及で活用されている。
 eHeritage on Azureは、東京大学と共同で研究を進めているもので、Windows Azure環境で仮想文化遺産のための3Dリモートコラボレーションフレームワークを開発。文化遺跡を表示する3Dモデルシステムの提供とともに、遠隔地のユーザーとの間で、3Dモデルをコミュニケーションできるフレームワークを提供している。
 モデルと画像ベースのデータを使用する一方で、サーバとクライアントの間で負荷を分散。遠隔地にいながらも、リアルタイムで遺跡の中にいるような形で表示できる。会場では、北京と東京をつないだデモストレーションが実演された。

eHeritage on Azure
 MSRAが展開している「eHeritage」プログラムは、アジア太平洋地域での産学官との共同研究プロジェクトを支援。文化遺産のデジタル化や保存、普及で活用されている。
 eHeritage on Azureは、東京大学と共同で研究を進めているもので、Windows Azure環境で仮想文化遺産のための3Dリモートコラボレーションフレームワークを開発。文化遺跡を表示する3Dモデルシステムの提供とともに、遠隔地のユーザーとの間で、3Dモデルをコミュニケーションできるフレームワークを提供している。
 モデルと画像ベースのデータを使用する一方で、サーバとクライアントの間で負荷を分散。遠隔地にいながらも、リアルタイムで遺跡の中にいるような形で表示できる。会場では、北京と東京をつないだデモストレーションが実演された。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]