編集部からのお知らせ
新着 記事まとめPDF「データセンター分散化」
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
大河原克行のエンプラ徒然

MSの研究開発を画で見る--第2回:ビッグデータ技術とクラウドの進化 - 4/11

大河原克行

2013-11-06 12:00

Planetary-Scale Prediction
 気候変動や森林伐採、水の供給、人口増加、人間の移動といったさまざまなデータをもとに、農作物などの生産量をエリアごとに、中期的に予測することができる。
 ビッグデータをIaaS/PaaS「Windows Azure」に格納し、機械学習で結果を導き出すことができ、これらの結果は視覚的に表示。それをもとに、問題解決に向けたさまざまな対策にも活用できる。デモストレーションでは小麦の生産量を予測した。
 「地球環境システムの予測モデルが、緊急に必要とされている。今回の仕組みでは、複雑なワークフローによる分析にも対応でき、確実性を高めた形で予測できる。ビッグデータを生かすことで、深刻な問題を事前に回避できるようになる」(MSRA)

Planetary-Scale Prediction
 気候変動や森林伐採、水の供給、人口増加、人間の移動といったさまざまなデータをもとに、農作物などの生産量をエリアごとに、中期的に予測することができる。
 ビッグデータをIaaS/PaaS「Windows Azure」に格納し、機械学習で結果を導き出すことができ、これらの結果は視覚的に表示。それをもとに、問題解決に向けたさまざまな対策にも活用できる。デモストレーションでは小麦の生産量を予測した。
 「地球環境システムの予測モデルが、緊急に必要とされている。今回の仕組みでは、複雑なワークフローによる分析にも対応でき、確実性を高めた形で予測できる。ビッグデータを生かすことで、深刻な問題を事前に回避できるようになる」(MSRA)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]