ヒトからマシンへ--未来につながるウェアラブルデバイス14選

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2013-12-29 09:00

 ここ10年ほど、人類はテクノロジを何らかの方法や、何らかの形状、何らかの形態で身につけるという考え方にはまりつつある。本記事ではイヤーピースからヘッドフォン、眼鏡、インプラントに至るまで、未来世界でわれわれが身につけることになると考えられるウェアラブルテクノロジのいくつかを紹介する。

 「Google Glass」は、ウェアラブルテクノロジにおける次なる大波として大きな注目を集めている。そんななか、米国防高等研究計画局(DARPA)も兵士の視覚を強化する研究プロジェクトに資金とリソースを投入している。その成果物となるデバイスは、目に装着する、厚さわずか1mm強というコンタクトレンズ状のものであり、遠くを見る際の視覚を強化する小さな反射式の拡大鏡が組み込まれている。

 ここ10年ほど、人類はテクノロジを何らかの方法や、何らかの形状、何らかの形態で身につけるという考え方にはまりつつある。本記事ではイヤーピースからヘッドフォン、眼鏡、インプラントに至るまで、未来世界でわれわれが身につけることになると考えられるウェアラブルテクノロジのいくつかを紹介する。

 「Google Glass」は、ウェアラブルテクノロジにおける次なる大波として大きな注目を集めている。そんななか、米国防高等研究計画局(DARPA)も兵士の視覚を強化する研究プロジェクトに資金とリソースを投入している。その成果物となるデバイスは、目に装着する、厚さわずか1mm強というコンタクトレンズ状のものであり、遠くを見る際の視覚を強化する小さな反射式の拡大鏡が組み込まれている。

提供:CNET

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]