編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら
トップインタビュー

トヨタは20万人基盤、日産はディーラーシステム--ITではなく価値の提案に動くマイクロソフト - (page 2)

三浦優子 怒賀新也 (編集部)

2014-02-13 11:45

オンプレミス、パブリック、プライベートの組み合わせで提案

--顧客のトラステッドパートナーになるという目標は、現在の日本マイクロソフトのエンタープライズ事業部はどの程度実現できてますか。

 まだ道半ばです。大体、3年くらいかけて全ての顧客にビジネス課題を解決するような提案ができる組織へと変わっていくまっただ中にあります。

 幸いなことに顧客のビジネス課題を解決するための強みをMicrosoftは持っていると思っています。現在のシステム提案は(1)オンプレミス、(2)「Windows Azure」や「Office 365」のようなサービスも含めたパブリッククラウド、(3)パートナーの3つのいずれかです。ビジネス課題を解決するという点で言えば、ITの変化に合わせてどれか1つに変えるということは考えにくい。この3つをうまく組み合わせることが現実的です。この3つの組み合わせができるのはMicrosoftだけです。

--3つを組み合わせた事例はすでに出ているのでしょうか?

 トヨタ自動車が全世界で導入した20万人の社員がオンプレミス、クラウドを組み合わせた共通の情報基盤を利用する事例があります。トヨタは日本国内ではオンプレミス、北米ではOffice 365を活用するといった組み合わせによって、全世界の情報基盤の共通化を実現しています。グローバル化は、多くの企業の皆様が抱えられている課題ですから、参考になる部分も多い事例だと思います。

 また、すでに発表しているように、今年はWindows Azureの日本のデータセンター、日本リージョンが稼働します。クラウドのパフォーマンスについては問題視される顧客は少なくなっていますが、セキュリティなどの面から、金融業の顧客から、「どこにデータが置かれるのか?」という声が挙がっていました。日本リージョン開設でこの問題がなくなりますから、クラウドビジネスに弾みがつくことになるでしょう。

トヨタ自動車が導入した製品群(2012年10月2日の日本マイクロソフト主催の記者発表会から)
トヨタ自動車が導入した製品群(2012年10月2日の日本マイクロソフト主催の記者発表会から)

--データセンターの場所について、米国の国家安全保障局(NSA)が各国の首脳や大手IT企業を含め、世界的に情報収集をしていた問題を気にしている企業が多いということですか。

 そういう顧客はほとんどいません。初期にあったクラウドへの不安は減っていますし、クラウドが全くない提案を求める顧客もいないと言っていいくらい、クラウドは浸透しています。クラウドだからというのではなく、クラウドを使いこなして、顧客の問題解決ができる提案が求められていると思います。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]