三国大洋のスクラップブック

アップル電子書籍訴訟の陰にアマゾンとオバマ政権のクサい仲

三国大洋 2014年02月18日 07時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今日はいつもと趣向を変えて米出版界と政治の関わる話題をひとつ。

 しばらく前から米国で、Appleの電子書籍販売サービス「iBooks Store」をめぐる米政府とのゴタゴタが続いている。先ごろ、老舗雑誌のThe New Yorkerに掲載された『Cheap Words - Amazon is good for customers. But is it good for books?』という長文記事のなかに、このゴタゴタに関連する興味深いティップスをみつけた。

 AppleがiBooks Storeのサービス開始(2010年)にあたって、大手出版社5社と談合したとする訴えが米司法省(DOJ)から出され、これに対してニューヨークの連邦地裁で独占禁止法違反の判断が下されたのが2013年7月。この判決以前に出版社5社はいずれもDOJとの示談に合意していたが、Appleだけは和解に応じず、判決が出された後もこれを不服として控訴していた。

 またその後10月には同地裁のDenise Coteという判事が、旧知の仲とされるDOJ出身者の弁護士Michael BromwichをAppleの監視人(monitor)に任命したものの、この監視人が「経営陣や取締役に対する聞き取りなど、越権行為をしようとした」「法外な料金(「2週間で13万8000ドルあまり」)をAppleに請求しようとした」などとしてAppleから更迭を求める訴えも出されたが、先週初めには米控訴裁でもAppleの訴えを実質的に却下する判断が下されていた(任命した地裁判事からは訴えを却下する判断がすでに1月半ばに出されていた)。

 このあたりの経緯と詳細については、文末の「参照情報」に記したそれぞれの記事をご覧いただければと思う。

 Appleに対してクロの判断が下された理由は、同社が「iBooks Store」スタートに際して、電子書籍の小売価格を出版社側で決められる「エージェンシーモデル」という取引形態を取ったことで、結果的に価格が値上がり、消費者の利益が損なわれた、というもの。それまでAmazonは紙の書籍の時代から「買い切り」で仕入れ、自社で小売価格を決めていたが、周知の通り、原価ギリギリあるいは原価割れするような価格をつけることも多く(その一部は、出版社から「販促協賛費」の名目で巻き上げたお金で補填していた)、結局のところ、そうしたアグレッシブな商売のやり方のツケは、実質的に仕入れの条件を叩かれる出版社に回されていた。

 そうした事情(従来からの不満)もあり、また「iBooks Store」スタート前には、電子書籍の分野でAmazon Kindleタイトルのシェアが全体の9割にも達していたため、そのことに大きな危惧を抱いた出版社側が、場合によっては正味の実入りが減ることを知りつつ、Appleの提案に乗るかたちで「エージェンシーモデル」への切り替えに踏み切った。また和解に応じなかったAppleの側には、司法当局が小売価格の上昇という部分だけをとらえて、Amazonが潜在競合者が参入できないような安い価格をつけていたこと――「predatory pricing」(略奪的価格設定)とあるが、いわゆる「ダンピング」に似た性質のものだろう――を見過ごしているとか、書籍出版・流通の全体に対する影響を考慮していない、などといった不満があったらしい。

 以上は、『Cheap Words』を書いたGeroge Packerの説明。Packerは、紙の世界で活動する(=ニューヨークの出版社、CondeNastの禄を食む)人間だから、この記事ではAmazonに対してかなり批判的な立場をとっているとの印象を受ける。『Cheap Words』というタイトルをつけたこと自体からもそうした感じが伝わってくる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]