編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧
経営戦略から見たビッグデータの核心

ネット広告領域に見るビッグデータ活用の方向性 - (page 2)

辻 大志(バーチャレクス・コンサルティング)

2014-03-18 07:30

収益向上のためのビッグデータ

 ここまでの通り、インターネット広告に関連する領域での流れとしては、DMP/ビッグデータを背景に、より広範かつ統合的な形で企業のマーケティング活動、あるいはビジネス活動全体に貢献する仕組みを築いていく方向性となっている。これは、ビッグデータ活用による売り上げや収益向上に向けた1つのモデルに過ぎないが、いくつかの重要な示唆が含まれている。


外部データの活用による新たな価値創出

 まず、内部に蓄積されたデータを外部データとつなぎ合せることにより、さらなるビッグデータ化を図り、より深い洞察を得てビジネスにつなげるという取り組みである。これは、ネット広告やマーケティングの領域に限らず、さまざまなデータ分野で広がっていく動きであろう。

 外部の企業や団体がどのようなデータを持っていそうか、自社内部のデータと組み合わせることで新たな価値を作り出すことができないか。そういった観点での議論が増えることになるだろう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]