編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

クラウドファンディングが世界を変える--3Dプリンタから補聴器まで

Lyndsey Gilpin (TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-05-26 07:30

 Project Daniel

 最初に紹介するのは「Project Daniel」だ。あるスーダン人の少年が、住んでいた地域で爆撃を受けて腕を失った。その少年の話を聞いたMick Ebeling氏は、ノートPCで操作できる3Dプリンタを開発し、彼のために3Dプリンタで義手を作成した。この少年Daniel君はすぐに義手をうまく使えるようになった。Not Impossibleは現在、切断手術を受けた人のためにこのような義肢を3Dプリンタで作成しており、以前は対処が不可能と考えられていた医療問題を支援するために、無期限のクラウドファンディングサイトを利用している。義肢を1つ3Dプリントするのにかかるコストはわずか100ドル。コミュニティーの人々に3Dプリンタの使い方を教えることで、人々は3Dプリンタを自分たちで操作できるようになる。

 Project Daniel

 最初に紹介するのは「Project Daniel」だ。あるスーダン人の少年が、住んでいた地域で爆撃を受けて腕を失った。その少年の話を聞いたMick Ebeling氏は、ノートPCで操作できる3Dプリンタを開発し、彼のために3Dプリンタで義手を作成した。この少年Daniel君はすぐに義手をうまく使えるようになった。Not Impossibleは現在、切断手術を受けた人のためにこのような義肢を3Dプリンタで作成しており、以前は対処が不可能と考えられていた医療問題を支援するために、無期限のクラウドファンディングサイトを利用している。義肢を1つ3Dプリントするのにかかるコストはわずか100ドル。コミュニティーの人々に3Dプリンタの使い方を教えることで、人々は3Dプリンタを自分たちで操作できるようになる。

提供:Not Impossible Labs

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]