編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

マイクロソフトによるノキア携帯事業の買収は正解だったのか - (page 2)

Patrick Gray (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2014-08-06 07:30

Nokia後の時代?

 Nokiaに関してあり得るもう1つのシナリオは、同社の資産をMicrosoftのまだ発展途上のハードウェア部門に編入することだ。Microsoftはこの分野で部分的な成功を収めており、優れた設計を持つ同社のタブレット「Surface」シリーズは好意的なレビューを集め、AndroidタブレットとiPadが溢れる市場で独自の位置を占めるまでに進化している。しかし、資産の中からNokiaブランドを消してしまうことは、Microsoftの投資の価値を小さくしてしまうだろう。苦戦はしているものの、米国以外では、Nokiaのブランドは依然として消費者から評価されている。異なるブランドのハードウェアを提供することによって、既存の企業顧客を遠ざけることなく、Microsoftが持つ「エンタープライズ向け」の退屈な企業というイメージを変えることができるだろう。Nokiaブランドの下で革新的で一般消費者向けのデバイスを作りながら、同じテクノロジ、人的資源、サプライチェーンを利用して、Microsoftブランドの下でよりエンタープライズ向けのデバイスを作れば、理論的には両方の市場で最善の結果を得ることができる。

 今ではNokiaの買収は、その業績から計画が不十分だったと見られており、(しばしば非難される)Ballmer時代の残滓であると考えられている。しかし、戦略的な利点は限られているものの、これはWindows Phoneの長期的な成功のためには、考えられる最善の一手だったのかも知れない。スマートフォン市場におけるAppleとGoogleの地位は揺るぎなく、動かしがたいものに見えるが、NokiaやMicrosoft、BlackBerryなどの企業がこの市場を支配していたのはそう昔のことではない。少なくとも、Nokiaの買収は、Windowsがスマートフォン市場の支配的な地位に戻る可能性を残したと言える。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]