編集部からのお知らせ
テレワーク関連記事一覧はこちら
新着PDF:RPA導入企業、その後

「OS X 10.10 Yosemite」プレビュー--限りなき接続性とシームレスな生産性を実現 - (page 3)

Zack Whittaker ZDNet.com Staff 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2014-08-08 06:30

「コンティニュイティ」:現在でもあるが、今後さらに充実する

 MacとiPhone、iPadをつなぐという広く称賛されている機能は、開発者ビルドを通じて少しずつ姿を見せてきている。

 現在、開発者向けの4つ目のベータ版と、パブリックベータ版がリリースされており(頻繁にアップデートされてはいないものの、同ソフトウェアはまだ完成にはほど遠い状態だ)、コンティニュイティのための核となる機能のいくつかがさまざまなバージョンから垣間見えてきている。

 iPhoneとMacの連携を指す包括的用語「コンティニュイティ」は、2つのプラットフォームを接続上の共通の仕掛けで統合することにより、デスクトップPCやノートPCを使用しているユーザーと、スマートフォンやタブレットを使用している数億人に上るユーザーの双方に対してメリットを生み出すものだ。コンティニュイティは「iOS 8」(今のところはまだパブリックベータ段階にも達していないが)と連携して機能することになる。

 コンティニュイティの機能の全容(「ハンドオフ」を含む)は、YosemiteとiOS 8の双方が2014年後半にリリースされた際に姿を現すはずだ。

 プラットフォーム間での分断という問題はようやく解消されたようだ。Appleは近い将来にも遠い未来にも2つのプラットフォームを統合するつもりはないという点を強調してきている(もっとも1〜2年先の話など誰にも分からないが)とはいえ、これら2つのプラットフォームはかつてないほど連携しやすいものとなったのだ。

 同じ共通言語を話すようになったため、両者の違いは方言だけになったという感じだ。

 電子メールの取り扱いや、ドキュメントの編集といった作業をしている際、現在使用している機器における作業の状態を他の機器へと「手渡す」(hand-off)ことができるというハンドオフ機能も、不安定なところはあるがうまく動作する。また、サードパーティーの開発者も自らのアプリケーションやサービスにハンドオフ機能を組み込めるようになっているが、現時点でのサポートは限定されたものとなっているようだ。

 またコンティニュイティのおかげで、手元に携帯電話があればWi-Fi経由でMacから電話を受けたりかけたりできるようになる。まだ完全にテストされているわけではないため、時たま接続に問題が生じる場合もあったとはいえ、同機能は既に実装されている。そして、オフィス内やアパート内の離れたところにiPhoneが置いてあるという場合に、そこまで取りに行く時間を節約してくれる。


MacからiPhone経由で電話をかける
提供:ZDNet/CBS Interactive

 また、テキストメッセージもデスクトップインターフェースから送信できる。こういったテキストメッセージはApple独自の「iMessage」だけではない。メッセージはいったんiPhoneへと送られ、そこから実際の宛先に送られるが、このプロセス自体がシームレスなものとなっているため、ユーザーは何も考える必要がない。

 これも、今までのOS Xで感じていた不便さがYosemiteで解消された例の1つだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]