編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

OpenStackディストロなどを発表--「VMworld 2014」に見るヴイエムウェアの今後

鈴木恭子

2014-09-09 15:15

 ヴイエムウェアは9月8日、報道関係者を対象に、米サンフランシスコで8月25~28日に開かれたイベント「VMworld 2014」で発表された製品やサービスに関する説明会を開催した。

 ヴイエムウェア代表取締役社長の三木泰雄氏は、「今回は“No Limits”をテーマに掲げた。現在は、既存のIT環境を変革する時だと考えている。今回のVMworld 2014では、企業が抱えるIT環境の課題を解決する製品やサービスを多数紹介した。IT部門は既成概念にとらわれず、勇気を持って革新に取り組んでほしいというのが、われわれのメッセージだ」とVMworld 2014を総括した。

三木泰雄氏
ヴイエムウェア 代表取締役社長 三木泰雄氏

 VMworld 2014では、垂直統合型システムの「EVO:RAIL」「EVO:RACK」の発表、DockerやGoogle、Pivotalとの協業、同社が推進する「Software-Defined Data Center(SDDC)」技術を組み込んだOpenStackディストリビューションである「VMware Integrated OpenStack」(ベータ版)のリリース、エンドユーザーコンピューティング(EUC)を統合する「VMware Workspace Suite」の提供開始などさまざまな分野での発表がなされた。

 「既存のIT環境はシステムごとにサイロ化されている。これに対しわれわれは、既存インフラを維持しつつ、“Software-Defined”のアプローチで、モバイルやクラウドなど、新たしいITインフラに対応できるソリューションを提供していく」(三木氏)

名倉丈雄氏
ヴイエムウェア ストラテジックアライアンス本部長 名倉丈雄氏

 ヴイエムウェア ストラテジックアライアンス本部長の名倉丈雄氏がVMworld 2014で発表された製品やサービスの概要を説明した。

 既存製品のアップデートとしては、クラウド基盤スイート製品である「VMware vCloud Suite」のバージョンが5.8となり、ポリシーベースのプロビジョニング機能が大幅に強化された。アプリケーション機能も強化され、「vSphere Big Data Extensions」で「Hadoop 2」のディストリビューションをサポートするようになった。また、「vCloud Automation Center」上から、あらかじめ定義された災害復旧(DR)の優先順位を、新規に追加された仮想マシンにセルフサービスで適用することも可能になっている。

 「VMware vRealize Suite」も、VMworld 2014で注目を浴びたスイートの1つ。ハイブリッドクラウドや異種混在環境を管理する同スイートは、「VMware vSphere」などのハイパーバイザをはじめ、物理インフラやIaaS/PaaS「Amazon Web Services(AWS)」など外部のクラウドサービス環境で稼働するITサービスを統合して管理できる。日本での提供開始は、2015年以降になる予定だ。

 もう1つVMworld 2014で話題となったのは、同社のOpenStackディストリビューションとなるIntegrated OpenStackのリリースだ。これは、OpenStackのAPIやツールをvCloud Suiteと統合するもの。ベースとなっているのは「OpenStack Icehouse」であり、VMwareの仮想化製品に最適化されたOpenStackクラウドの導入を可能にする。

Integrated OpenStackの統合マップ
Integrated OpenStackの統合マップ

 新製品として注目されたのはEVO:RAILとWorkspace Suiteである。

 EVO:RAILは、SDDCに最適化されたアプライアンスで、vSphereやストレージリソースを仮想化するソフトウェア、管理ツール「EVO:RAILエンジン」が最初から包含されている垂直統合型システムである。ハードウェア構成は、2Uの4ノードで、各ノードは2つのCPUと192Gバイトのメモリを搭載する。あらかじめハードとソフトの構成を決めておこくとで、導入の簡素化や、運用コストと設定工数の大幅な削減、自動スケールアウト、ソフトウェア管理の自動化を実現できるのが特徴だ。

 EVO:RAILは販売パートナーを通じて販売される。最初のOEMパートナーは、富士通、ネットワンシステムズ、Dell、EMC、Inspur、Supermicroで、日本ではネットワンシステムズが10月初旬に販売する予定となっている。

 EUC関連では、Workspace Suiteのリリースが目玉となった。これは、仮想デスクトップの「VMware Horizon」とモバイル管理の「AirWatch by VMware」を統合したマネジメントソフトウェアで、単一のポータルからAirWatchとHorizonにアクセスできる。デスクトップPC、タブレット端末、スマートフォンなどデバイスの種類を問わず、統一の環境で利用できる。

 これらの製品とサービスは、日本で11月5日から2日間の日程で開催される「vForum 2014」で披露される予定となっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]