編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「Linux Mint 17.1」--初めてのインストールと設定

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2014-12-12 06:30

Mintのインストール

 「Cinnamon 2.4」インターフェースを搭載した「Linux Mint 17.1」は現時点で最高のLinuxデスクトップだと言ってもよいだろう。これは、20年以上にわたってPC上でLinuxを使用してきた筆者の意見だ。

 Mintはここ10年で発売されたほとんどのPC上で稼働する。必要となるリソースはx86プロセッサと512MバイトのRAM(推奨は1Gバイト)。また、9Gバイトのディスク空き領域(推奨は20Gバイト)、解像度が800×600以上のグラフィックスカード、インターネット接続、DVDドライブかUSBポートがあればよい。

 使ってみたいという方は、以下の手順でインストールしてみてほしい。インストールしようとしているPCで「Windows 7」以前の「Windows」が稼働していれば、Mintへのアップグレードはとても簡単にできる。Windows 8以降の場合、そのPCではセキュアブート機能が有効になっているはずだ。そのようなPCにMintをインストールする方法は複数あるが、最も手っ取り早い方法はPCのUEFI設定からそれを無効にすることだ。

 次に、32ビット版か64ビット版のMintイメージを書き込んだISOディスクが必要となる。手元のPCが32ビットか64ビットか分からない場合は32ビット版を入手してほしい。このイメージはIntelアーキテクチャでもAMDアーキテクチャでも問題なく動作する。

 次にISOイメージをCDやDVDに書き込むためのプログラムが必要となる。このような機能を持ったプログラムはたくさんあるが、筆者のお勧めはフリーウェアの「ImgBurn」、あるいは「PowerISO」だ。なお、PowerISOを用いてMintをインストールしたいのであれば、29.95ドルを払って登録する必要がある。

 手元のPCがUSBドライブから起動できるタイプなら、USBドライブからLinuxの実行やインストールを行えるようにするプログラムを入手しておくのがよいだろう。筆者のお勧めは「YUMI for Windows」だ。これ以外の選択肢としては、「LinuxLive USB Creator」や「UNetbootin」がある。これらのプログラムはすべて無償で利用できる。

 DVDディスクとUSBドライブのいずれがよいかと問われれば、筆者はUSBドライブと答えるだろう。Mintを含むその他のOSのインストールや実行はUSBドライブからの方がずっと速い。

Mintのインストール

 「Cinnamon 2.4」インターフェースを搭載した「Linux Mint 17.1」は現時点で最高のLinuxデスクトップだと言ってもよいだろう。これは、20年以上にわたってPC上でLinuxを使用してきた筆者の意見だ。

 Mintはここ10年で発売されたほとんどのPC上で稼働する。必要となるリソースはx86プロセッサと512MバイトのRAM(推奨は1Gバイト)。また、9Gバイトのディスク空き領域(推奨は20Gバイト)、解像度が800×600以上のグラフィックスカード、インターネット接続、DVDドライブかUSBポートがあればよい。

 使ってみたいという方は、以下の手順でインストールしてみてほしい。インストールしようとしているPCで「Windows 7」以前の「Windows」が稼働していれば、Mintへのアップグレードはとても簡単にできる。Windows 8以降の場合、そのPCではセキュアブート機能が有効になっているはずだ。そのようなPCにMintをインストールする方法は複数あるが、最も手っ取り早い方法はPCのUEFI設定からそれを無効にすることだ。

 次に、32ビット版か64ビット版のMintイメージを書き込んだISOディスクが必要となる。手元のPCが32ビットか64ビットか分からない場合は32ビット版を入手してほしい。このイメージはIntelアーキテクチャでもAMDアーキテクチャでも問題なく動作する。

 次にISOイメージをCDやDVDに書き込むためのプログラムが必要となる。このような機能を持ったプログラムはたくさんあるが、筆者のお勧めはフリーウェアの「ImgBurn」、あるいは「PowerISO」だ。なお、PowerISOを用いてMintをインストールしたいのであれば、29.95ドルを払って登録する必要がある。

 手元のPCがUSBドライブから起動できるタイプなら、USBドライブからLinuxの実行やインストールを行えるようにするプログラムを入手しておくのがよいだろう。筆者のお勧めは「YUMI for Windows」だ。これ以外の選択肢としては、「LinuxLive USB Creator」や「UNetbootin」がある。これらのプログラムはすべて無償で利用できる。

 DVDディスクとUSBドライブのいずれがよいかと問われれば、筆者はUSBドライブと答えるだろう。Mintを含むその他のOSのインストールや実行はUSBドライブからの方がずっと速い。

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]