ネットワークセキュリティの要諦

激しさを増すモバイルへの攻撃--多層防御に組み込むべき(後編)

三輪 賢一(パロアルトネットワークス) 2015年01月28日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前編ではモバイルセキュリティをテーマに、モバイルデバイスの進化に伴いその攻撃も多種多様になってきている現状について解説しました。後編では安全にモバイルデバイスを利用するための、セキュリティソリューションの構築について解説していきます。

モバイルデバイスを安全に利用するための基本要件

 PC並みの機能と性能がモバイルデバイスで実現できるようになり、生産性向上や災害時の事業継続性などのメリットからビジネスでもモバイルデバイスの活用が進んできました。企業の競争力の向上にモバイルデバイスが一役買っている一方、内部情報の漏えいや知的財産の流出、攻撃の踏み台、管理の複雑化といった課題も生まれています。モバイルデバイスを安全に活用するには、

  • デバイスの管理
  • デバイスの保護
  • データの制御

 という3つの基本要件を考える必要があります。

デバイスの管理

 デバイスの管理では、従業員が仕事に取り組む上で必要な設定や制限を管理者が一括で管理できる必要があります。企業が管理する項目としては、一般的な制限(アプリケーションインストール可否、カメラ使用可否、音声ダイヤル可否、スクリーンキャプチャ可否、アプリケーション内での購入可否など)、パスコードのルール設定(数字とアルファベットの混在、最低長、最大有効期間など)、アプリケーションにおける制限事項(画面タッチ、音量ボタン、ダイヤル、オートロックなどの無効化)、VPN接続設定、Exchange Active SyncやPOP/IMAPメールの設定(アカウント、受信用サーバ、送信用サーバなど)、Wi-Fiの設定(SSID、WPAなどのセキュリティ種別とそのパスワード)などが挙げられます。

 これら機能はiOSかAndroidか、デバイスのOSによって制御できる範囲が異なります。また、管理デバイスに対して遠隔からメッセージやアラームを送ったり、紛失時にロックをかけたり、リモートワイプ(データ消去)の機能も含まれます。

 このようなデバイス管理を実現するにはモバイルデバイス管理(Mobile Device Management:MDM)製品で対応します。現在市場には多くのMDM製品が混在しており、機能も千差万別で、幅広い機能を備えるものや機能を用途に併せて絞りこんだタイプなどさまざまです。クラウドやオンプレミスなどの提供形態や対応プラットフォームも製品によって異なります。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算