編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る
松岡功の一言もの申す

システムインテグレーターのクラウド事業はどうなるか

松岡功

2015-03-04 12:30

 これまでシステム構築を生業にしてきたシステムインテグレーター(SIer)は、システムをサービスとして提供するクラウド事業をどう展開していくのか。この点について興味深い話を聞いたので紹介したい。

SIerはクラウドインテグレーターへ

 その話を聞いたのは、インターネットイニシアティブ(IIJ)が先頃開いたクラウドサービスの最新動向をテーマにした記者説明会でのひとコマだ。同社が示した2つの図に沿って、その内容を紹介したい。

 1つ目は、「SIerのクラウドインテグレーター化」と題した図だ。IIJによると、「クラウドサービスが広がる中でSIerの事業戦略も変化してきている。具体的には、エンタープライズ市場でのシステム構築を手がけていたSIerが、クラウドインテグレーション事業に本格的に乗り出しており、多くの事業者が複数のクラウドのインテグレーションを手がけている」と言う。

SIerのクラウドインテグレーター化
SIerのクラウドインテグレーター化
 

 この図に示されているのは、「Amazon Web Services(AWS)」「Microsoft Azure」「IBM SoftLayer」といった3つのメジャーパブリッククラウドと、国内の主要SIerとのパートナーシップの状況である。IIJがそれぞれに調べてプロットしたものだ。興味深いのは、図の中央に記されているSIerが、AWSとAzureの両方と連携を図っていることだ。SoftLayerも勢力拡大を図ろうとしている様子がうかがえる。

 こうした状況から、「今後のSIerのクラウドに対する戦略は、自社のデータセンター事業(プライベートクラウド)+メジャーパブリッククラウドのインテグレーションが主流になっていく」というのがIIJの見立てだ。

SIerが活用する「クラウドネットワークプロバイダー」

 2つ目は、「クラウド事業者/SIerにとってのクラウドネットワークプロバイダー」と題した図だ。これはIIJの将来像を描いたものだが、クラウドサービスの今後のありようを示しているとも言えそうだ。

クラウド事業者/SIerにとってのクラウドネットワークプロバイダー
クラウド事業者/SIerにとってのクラウドネットワークプロバイダー

 この図の中には記されていないが、キーワードは「マルチクラウド化」だ。IIJによると、「複数のクラウドサービスをユーザーのシステム用途に応じて使い分けながら、全体の環境を統合的に運用していくこと」だと言う。

 この図に示されているのは、IIJのクラウドサービス「IIJ GIO」が各種パブリッククラウドや、SIerが提供するプライベートクラウドなどと幅広くつながった「クラウド間ネットワーク」になるということだ。つまりは、クラウドネットワークプロバイダーになりたいというのがIIJの将来像である。

 IIJでは、「こうしたマルチクラウドの利用環境をSIerにも大いに活用してもらい、さまざまなソリューションをユーザーに提案していっていただきたい」と、SIerにも大いにメリットがあることを強調している。クラウドネットワークプロバイダーとは、まさにもともとネットワーク事業者であるIIJらしい発想である。

 果たして、多くのSIerがクラウドインテグレーターへと転身できるかどうか。大いに注目しておきたい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]