編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

Dockerがまた企業買収--MacでのDocker利用を容易にするKitematicを傘下に

Toby Wolpe (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-03-13 11:03

 Dockerがコンテナの利用を増やし使い勝手を改善する目的でカナダのスタートアップKitematicを買収した。Dockerによる企業買収は、3月に入って2社目となる。

 3人の学生が立ち上げたKitematicは社名と同じオープンソースGUIツールを開発しており、AppleのMac上でDockerをインストールする作業を高速化する。Windows版は2015年半ばに登場する予定だ。もともとはカナダ政府の奨励金を受けたプロジェクトで、2015年9月にベータ公開した。3人の共同創業者はサンフランシスコにあるDocker本社勤務となり、当面はKitematicという名称の下でツール提供を継続する。

 Dockerは3月初め、SocketPlaneというスタートアップ買収を発表している。SocketPlaneもKitematicと同様、買収金額などの詳細は公開していないが、SocketPlaneの6人の社員は標準的なネットワークインターフェイスをDockerに加え、マルチコンテナ分散アプリの移植性を強化する。

 「一部の人にとってDockerをマシンで動かすのに余分の設定が必要であり、(Kitematicの買収で)最大の事件は、このプロセスを約3分に短縮してDockerコンテナを動かすことができるようになることだ」とDockerのプロダクトマネジメント担当ディレクター、Justen Stepka氏は記している。

 「また、コマンドラインをGUIにラッピングすることも挙げたい。これにより、Dockerにアプローチして利用するのが容易になり、採用が増えるだろう」とも記している。

 Dockerはコンテナ内のアプリの作成と実装を自動化するもので、開発者をソフトウェアとインフラの依存から解放し、コストを削減し、プロセスの効率を改善することを目的としている。企業としてのDockerは、同オープンソースプラットフォームの開発元である。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]