編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら

MS、「SQL Server 2016」の第一パブリックプレビューをリリース

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-05-28 11:25

 Microsoftは米国時間5月27日、2016年に正式リリースを予定しているオンプレミスデータベース製品「SQL Server 2016」のパブリックプレビュー第一弾となる「SQL Server 2016 Community Technology Preview 2(CTP2)」を、同社ウェブサイト上で公開した。

 このCTP2は、Microsoft Azureの仮想マシン上でテストすることも可能になっている。パブリックプレビューの第一弾にも関わらず通し番号が「2」になっている理由は、すでにプライベートプレビューとして「CTP1」がリリースされていたからだと、Microsoftの担当者は認めている。


 Microsoftは2015年5月初旬に米国シカゴで開催されたカンファレンス「Microsoft Ignite」で、SQL Server 2016の計画を初めて発表した。その際に公表された、SQL Server 2016に搭載予定の、主な新機能と機能強化は次のとおり。

  • 格納中のデータだけでなく使用中のデータも暗号化することでデータを常時保護する新技術「Always Encrypted」。
  • ウォームトランザクションデータとコールドトランザクションデータをMicrosoft Azureに動的にストレッチする機能を実現する「Stretch Database」。
  • Microsoft独自のインメモリ技術「Hekaton」の機能強化による、リアルタイムアナリティクスの実現。
  • 「R」の統合による、新しいインデータベースアナリティクスの実現。

 さらにCTP2では、次の新機能と機能強化が利用可能となっていると、Microsoftは述べている。

  • リレーショナルデータと非リレーショナルデータの管理性を向上させる「Polybase」。Polybaseは、元は「SQL Server Parallel Data Warehouse Appliance」に搭載されていた。
  • アプリケーションを修正する必要なしに、ユーザーの特性に基づいたアクセス制御を可能にする、ローレベルのセキュリティ機能。
  • データをリアルタイムに難読化することで無許可のデータアクセスを防止する「Dynamic Data Masking」。
  • データ変更履歴の追跡を可能にする一時データベース機能。
  • データベースに関するあらゆる情報を記録および追跡できるようにする「Query Data Store」。
  • マスターデータサービスのサーバ管理機能の強化。
  • Azureへのハイブリッドバックアップ機能の強化と、Azure仮想マシンへのSQL Serverリストアの高速化。

 5月27日に公式ブログ「SQL Server Blog」に掲載された記事によると、最近のMicrosoft製品では恒例となった頻繁なアップデートがCTPでも提供される予定である。ユーザーはCTP2の定期アップデートを有効化することで、CTP3のリリースを待たずに新機能を即座に試用することができる。

 2016年の正式リリースが予定されているSQL Server 2016だが、正式版がいつ提供されるかは現時点では公表されていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]