編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

セールスフォース、「Marketing Cloud」最新版を発表--「Journey Builder」を強化

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-06-18 11:38

 Salesforce.comは米国時間6月17日、主力製品の1つである「Marketing Cloud」の最新バージョンを発表した。この最新バージョンでは、顧客動向のより詳細な把握と、顧客動向への迅速な対応に焦点を当てた機能強化が図られている。

 具体的には、「Journey Builder」に新しいイベントトリガとアクティビティトリガが追加された。コンタクトやリードなどの各種オブジェクトをトリガとして利用することで、複数チャネルを横断して顧客動向を追跡し、多種多様なアラートを表示できる。マーケティング担当者はこの機能を利用して、たとえば顧客がロイヤリティプログラムへの参加やアプリケーションのダウンロードを行った際の応答を自動化し、顧客の行動に対して即座に対応できるようになる。一方、「Active Audiences」も機能が強化され、CRMデータと同期および連携しながら、100を超える広告ネットワークやテクノロジを駆使した広告キャンペーンを実行できる。

 なお、2015年の春にはもう一つの主力製品である「Sales Cloud」の新バージョンがリリースされたが、このバージョンで搭載された「Intelligent Engagement Studio」および「Sales Cloud Engage」という2つの重要な新機能は、「Salesforce Pardot」のテクノロジを基盤としている。Salesforce Pardotは、2013年に25億ドルで買収したExactTargetのPardotを元に開発されたものである。Salesforce.comがIoT(モノのインターネット)指向のプラットフォームである「Salesforce1」に全力で取り組む中、ExactTargetはソーシャル解析戦略の一翼を担い、Marketing Cloudを支える屋台骨となっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]