編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

HP、ActiveStateの「Stackato」事業を買収へ--ハイブリッドクラウド戦略の一環

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-07-29 11:52

 Hewlett-Packard(HP)は米国時間7月28日、ActiveState Softwareの「Stackato」事業を買収することで合意したと発表した。この買収はHPのハイブリッドクラウド戦略の一環と捉えられる。

 Stackatoはオープンソースの「Cloud Foundry」から派生したPaaSであり、Linuxコンテナとして「Docker」を利用している。

 HPは、同じくCloud Foundryをベースとする「HP Helion Development Platform」にStackatoを組み込み、企業におけるハイブリッドクラウドアプリの開発や配備を支援していく計画だ。

 HPのクラウド部門で製品およびサービス管理担当シニアバイスプレジデントを務めるBill Hilf氏は「StackatoのPaaSソリューションにより、HP Helionのポートフォリオが充実するとともに、顧客のハイブリッドクラウドへのスムーズな移行を支援するオープンソースソリューションを提供するという当社の取り組みが強化される」と述べている

 買収の金銭的な条件は明らかにされていない。また、買収の完了はHPの2015会計年度第4四半期中に完了すると見込まれている。

 HPのクラウド戦略はこの春以来、少しばかり不明確になっていた。

 HPはパブリッククラウドサービスから撤退するとも取れる発言から数日後、OpenStackをベースとした「HP Helion」ブランドのパブリッククラウド製品を提供し続けると約束した。

 Hilf氏はその際、「メディアに対する私の発言の一部が引用され、HPがパブリッククラウドから撤退すると理解されてしまったが、それは正しくない」と述べていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]