「データではなく情報のレベルで管理」:分社化後を見据えるベリタスの戦略

田中好伸 (編集部) 2015年08月20日 17時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Symantecは2014年10月に企業分割を発表。2015年10月から手続きが始まり、2016年1月からは情報セキュリティ事業のSymantecとデータ保護ソフトウェアなどで構成される情報管理事業を担うVeritas Technologiesに分かれて事業を展開する(Veritasが投資会社Carlyleに売却されることも発表されている)。企業分割を踏まえて、7月にVeritasは既存製品を強化するととともに今後の新製品を発表している。

戦略と製品を明確に

 Symantecは2004年12月にVeritas Softwareの買収を発表し、2005年に買収を完了した。買収後もSymantecは長い間、Veritasのブランドで製品を提供していた。ストレージ管理ソフトウェア「Storage Foundation」の名称からVeritasが消えたのは2014年1月。つい最近までVeritasというブランド名の影響力を無視することはできなかった。

 現在、Veritas事業でアジア太平洋と日本を担当するプレジデントのChris Lin氏は、Veritasというブランドについて「よく知られており、市場の中で重要なポジションにある」との見方を示した。Lin氏は、買収されてからの10年について「統合できる部分もあったが、大部分は別路線」と説明。会社を分割することの意味についてはこう語った。

Chris Lin氏
Veritas Technologie アジア太平洋日本担当プレジデント Chris Lin氏

 「セキュリティと情報管理はともに市場は活況を呈しているが、多様化が進んでいる。ユーザー企業のニーズも変わってきており、明確なアプローチが必要になっている。よりよく対処するには分社化が必要と2014年夏に決定した」

 事業分割については「社内やパートナー企業、ユーザー企業からいい反応をもらえた。分社化後の戦略と製品を明確にしている」(Lin氏)という。

情報管理が困難な時代

 改めて「ビッグデータ」という言葉で説明する必要はないように、データは爆発的な増加を続けている。世界全体でデータが流通する総量は、今後5年間で現在の10倍となる44ゼタバイトに達すると予測されるほどの勢いだ。

 データが増加するということは、それだけコンピュータで分析できる事象が増えるということだ。だが、増加の一途を辿るデータを保存、管理するのはますます厳しい業務になりつつある。データが増えるからといって、担当者が増えるわけではないし、IT予算が増えるわけでもない。少ない人員でデータ管理業務を回すとともにコスト効率を高める必要がある。

 Lin氏は、こうした現況を「情報管理が困難な時代にある」と表現する。コンピュータで分析できるデータが多く存在することは正しいことのように思われる。だが、実際にはデータの69%は不必要なものであり、実際に価値があるデータは31%でしかないという調査結果が示されている。別の調査では、企業内に存在する1ペタバイトを保持するのに年間400万~500万ドルが必要とされている。もちろん、データを保持するためのインフラを維持するコストもバカにならない。

 「企業内にあるデータの70%は2年間誰もアクセスしていない。そのうちの30%が削除してもいいデータだったとされている。企業内に存在するデータが必要か不必要かを見極めることが求められるようになっている」(Lin氏)

 企業ITでは、ハードディスクやフラッシュメモリなどのハードウェアの価格が下がり続けていることから、蓄積するデータの中味を見極めることなく、とにかく保存できるようになっている。デバックアップもひたすら取り続けられるようにもなっている。

 データの増加にあわせて、インフラを増大させてきたという、ある企業は「管理しきれないほどのインフラとなり、どうしていけばいいのか分からないという課題を抱えて、コンサルティングを求めることがあった。現在はデータと情報を保管することに対する知見が必要とされている」(Lin氏)

可用性と洞察が柱

 ビッグデータという言葉から派生して、データを競争力の源泉に据えようとする“データドリブン”という言葉が聞かれるようになっているが、企業のデータへの依存度が今後高まることが容易に想像できる。そうした現在の状況を踏まえて、Veritasでは製品のポートフォリオとして「インフォメーションアベイラビリティ」と「インフォメーションインサイト」を柱にすることを打ち出している。

 インフォメーションアベイラビリティとは「必要な情報を必要な時に、保存されている場所に関係なく活用できる」ことを目指している。もう一つのインフォメーションインサイトは「保存している情報がどんなものであるかを把握、管理できるようにする」ことを狙っている。

 「企業がデータを保持するのは、データから意味のある情報を引き出すため。データというレベルではなく、情報というレベルで管理することが求められている」(Lin氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]