編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」

情シスは「おまわりさん」のようであれ - (page 3)

大木豊成

2015-08-25 07:00

情報システム部門の評価制度が課題

 社内で「情シスが云々」と批判することは簡単だが、ではどうすれば情シスが動きやすくなり、社内に役立つ情シスになるのだろうか。

 一番大きい問題は、情シスが忙しい、忙しくしていなければ評価されない、というところにある。一昔前は、情シスではなくとも、なんとなく社内をブラブラしているおじさんがいて、普段は何をやっているのかわからないけれど、何か困ったことがあれば、そのおじさんに相談すると、社内のいろいろな人を紹介してくれ、いち早く課題解決につなげることができた。

 しかし、バブル崩壊時以降、社内で「何をしているのか分からない人」の存在を認めない風潮が加速してきた。特に「評価制度」を厳しくした企業が多く、情シスといえども忙しくしていないといけないような空気を作ってきた企業が多いようだ。

 著者があちこちの顧客企業に説いて回っているのは、「情シスはおまわりさんのようであればいい」ということだ。つまり、おまわりさん、特に交番勤務の駐在さんが忙しいということは、事件や事故があちこちで起きている、とても良くない状態だ。我々から見て、「おまわりさんが暇そうだ」というのが一番いい状態なのだ。


 しかし、情シスのメンバーが、必要かどうかも分からないExcelを加工して四苦八苦していたり、何をやっているか分からないけれど忙しそうにしているというのは、そうしていないと評価されないところに問題がある。

 その評価制度を変え、社内に役立つIT提案、これからの時代のモバイル戦略を提案していくことを評価すれば、きっと面倒くさい情シスではなくなるはずなのだ。

 著者の顧客企業の中には、情シスを解体し、経営企画部門の下に置いて人数を大幅に減らした企業がある。これからの情シスは、そうなっていくべきなのか、あるいは人数は変わらず、社内に役立つ情シスになっていくのか。どちらを選択するのも、その企業の経営方針ではあるが、現場として動けることはまだまだあるのではないだろうか。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]