VMWorld

コンテナ向け仮想化基盤「Photon Platform」の狙い--VMworld 2015

藤本京子 2015年09月03日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米VMware主催の年次イベント「VMworld 2015」が8月31日(米国時間)、サンフランシスコにて開幕した。VMwareプレジデント兼 最高執行責任者(COO)のCarl Eschenbach氏によると、同イベントには世界88カ国から2万3000人以上が参加しているほか、オンラインからの参加者は5万人以上に上るという。

 VMworldの今年のテーマは「Ready For ANY」。これは、VMwareが掲げる「One Cloud, Any Application, Any Device」、つまり1つのクラウド上で、すべて(ANY)のアプリケーションとすべて(ANY)のデバイスが利用できるITインフラを目指す戦略に基づいており、「こうしたANYの環境への準備が整っているかどうかを問いかけたものだ」とEschenbach氏は説明している。

VMwareプレジデント兼 最高執行責任者(COO)のCarl Eschenbach氏
VMwareプレジデント兼 最高執行責任者(COO)のCarl Eschenbach氏

 ANYの環境を実現するにあたってVMwareでは、同イベント内にてさまざまな製品を発表している。その1つが、クラウドネイティブアプリケーションに向けた新たな仮想化基盤として発表した「Photon Platform」だ。VMwareが長年に渡って提供している「VMware vSphere」が従来のオンプレミス型アプリケーションに向けた仮想化基盤であるのに対し、新製品のPhoton Platformはコンテナやクラウドネイティブアプリケーションに最適化した仮想化基盤として提供する。

1分間に数千のコンテナを作成

 同製品の発表にあたったVMware クラウドネイティブアプリ担当最高技術責任者(CTO)のKit Colbert氏によると、Photon Platformは「VMware Photon Controller」と「VMware Photon Machine」で構成する。

 Photon Controllerは、高可用性が求められる環境に最適化された管理製品。1分間に数千単位で新たなコンテナを作成でき、同時に数十万のワークロードに対応できる。一方のPhoton Machineは、ベアメタルハイパーバイザ「VMware ESXi」をベースとした小型ハイパーバイザと、VMware独自のLinux OS「Project Photon OS」が含まれている。

 Photon Platformは、Docker Swarm、 Kubernetes、Mesos、Cloud Foundryなどのクラウドフレームワークで稼働する。現在はテクノロジプレビューとして提供するが、Photon Controllerはオープンソースのプロジェクトとして近日中に公開予定で、Photon Machineは2015年後半にプライベートベータ版が公開される予定だ。

 VMwareはまた、従来型の仮想化基盤VMware vSphereの拡張機能として、「VMware vSphere Integrated Containers」もテクノロジプレビューとして発表している。vSphere Integrated Containersは、vSphere上でコンテナを稼働させるための基盤だ。

 Photon PlatformやvSphere Integrated Containersといった製品を提供する背景について、VMware コーポレートシニアバイスプレジデントのRay O'Farrell氏は、「従来の開発スタイルでは、一度製品を出荷した後はあまり頻繁に製品をアップデートすることはなかったが、最近では開発者がコンテナベースのテクノロジを活用するようになり、アプリケーションを頻繁に更新するようになった」と述べ、マイクロベーステクノロジとコンテナベーステクノロジに対応した俊敏性の高いアーキテクチャが必要になるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算