編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
VMWorld

コンテナ向け仮想化基盤「Photon Platform」の狙い--VMworld 2015

藤本京子

2015-09-03 07:00

 米VMware主催の年次イベント「VMworld 2015」が8月31日(米国時間)、サンフランシスコにて開幕した。VMwareプレジデント兼 最高執行責任者(COO)のCarl Eschenbach氏によると、同イベントには世界88カ国から2万3000人以上が参加しているほか、オンラインからの参加者は5万人以上に上るという。

 VMworldの今年のテーマは「Ready For ANY」。これは、VMwareが掲げる「One Cloud, Any Application, Any Device」、つまり1つのクラウド上で、すべて(ANY)のアプリケーションとすべて(ANY)のデバイスが利用できるITインフラを目指す戦略に基づいており、「こうしたANYの環境への準備が整っているかどうかを問いかけたものだ」とEschenbach氏は説明している。

VMwareプレジデント兼 最高執行責任者(COO)のCarl Eschenbach氏
VMwareプレジデント兼 最高執行責任者(COO)のCarl Eschenbach氏

 ANYの環境を実現するにあたってVMwareでは、同イベント内にてさまざまな製品を発表している。その1つが、クラウドネイティブアプリケーションに向けた新たな仮想化基盤として発表した「Photon Platform」だ。VMwareが長年に渡って提供している「VMware vSphere」が従来のオンプレミス型アプリケーションに向けた仮想化基盤であるのに対し、新製品のPhoton Platformはコンテナやクラウドネイティブアプリケーションに最適化した仮想化基盤として提供する。

1分間に数千のコンテナを作成

 同製品の発表にあたったVMware クラウドネイティブアプリ担当最高技術責任者(CTO)のKit Colbert氏によると、Photon Platformは「VMware Photon Controller」と「VMware Photon Machine」で構成する。

 Photon Controllerは、高可用性が求められる環境に最適化された管理製品。1分間に数千単位で新たなコンテナを作成でき、同時に数十万のワークロードに対応できる。一方のPhoton Machineは、ベアメタルハイパーバイザ「VMware ESXi」をベースとした小型ハイパーバイザと、VMware独自のLinux OS「Project Photon OS」が含まれている。

 Photon Platformは、Docker Swarm、 Kubernetes、Mesos、Cloud Foundryなどのクラウドフレームワークで稼働する。現在はテクノロジプレビューとして提供するが、Photon Controllerはオープンソースのプロジェクトとして近日中に公開予定で、Photon Machineは2015年後半にプライベートベータ版が公開される予定だ。

 VMwareはまた、従来型の仮想化基盤VMware vSphereの拡張機能として、「VMware vSphere Integrated Containers」もテクノロジプレビューとして発表している。vSphere Integrated Containersは、vSphere上でコンテナを稼働させるための基盤だ。

 Photon PlatformやvSphere Integrated Containersといった製品を提供する背景について、VMware コーポレートシニアバイスプレジデントのRay O'Farrell氏は、「従来の開発スタイルでは、一度製品を出荷した後はあまり頻繁に製品をアップデートすることはなかったが、最近では開発者がコンテナベースのテクノロジを活用するようになり、アプリケーションを頻繁に更新するようになった」と述べ、マイクロベーステクノロジとコンテナベーステクノロジに対応した俊敏性の高いアーキテクチャが必要になるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]