IoT市場に成長機会を見出す - (page 2)

田中克己

2015-10-07 07:30

M2MとIoTの違い

 ぷらっとホームは、有力IT企業などと組んで15年度中にIoTサーバの先行的な活用事例を作りたい。「こんな使い方で劇的に変化することを、事例を通じて知ってもらいたい。いままでとは違うデバイスをつなげることで、新しいサービスも生まれる」とし、鈴木社長が一例を挙げる。M2M(マシンツーマシン)の自動販売機は、データを中央に集めて在庫や販売を管理するのに対して、IoT化した自販機は自販機にない商品まで売る。


 例えば、自販機のディスプレイからビール1ダースを注文し、自宅に配達する。帰宅時に近所のコンビニでピックアップも可能になる。自販機は特定のメーカーの商品を独占的に販売するではなく、多くの商品やサービスを販売するものに進化するわけだ。

 そんな開かれたサービスがどんどん生まれてくる。しかも、つながるモノが増えるに従って、サービスのレベルが上がり、利用コストが下がる。結果、より多くの人が使うサービスに成長する。鈴木社長は、そんな市場を支える小型サーバーの需要拡大を期待しているのだろう。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]