展望2020年のIT企業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

  

記事一覧

  • 年商4000億円のSIerが進む道

    有力システムインテグレーター(SIer)のTISとインテックが2008年4月に経営統合をし、誕生した同グループが大きな転換期にある。グループをけん引するTISの桑野徹会長兼社長は「顧客の成長を支援する戦略パートナーを目指す」とする。

  • “デジタルの親玉”が説くデジタルへの道

    デジタルビジネスはどの程度、進展しているのだろう。人材不足や資金不足などを理由に、「投資に見合う効果を期待できない。投資をする余裕もない」などと消極的な意見を述べる経営者や管理職は少なくないように思える。アクセンチュアは、日本のモノ作りの明日がデジタルで見えてくると説く。

  • 企業を元気にするファンド作りに取り組む米ベンチャーキャピタル

    「元気のない企業を元気にするために、可能性のある技術を見つけて紹介する」。米シリコンバレーに拠点を置くベンチャーキャピタル(VC)の米Fenox Venture Capitalのアニス・ウッザマン社長兼CEOは、本社事務所でVCの役割をこう説明する。

  • 「デジタル破壊に備える」と訴えるガートナーの亦賀氏

    「破壊に備える」。ガートナージャパンで最上級アナリストを務める亦賀忠明氏は同社主催セミナーで、「10年以内に企業がなくなることを前提に、何をなすべきか議論すること」とし、IoTやAIなどを駆使したデジタル化が既存ビジネスに大きなインパクトを及ぼし、事業構造の変革に迫られると指摘した。

  • ヤフー米現地法人開発中のOSSにCTCが参画した理由

    米FacebookやGoogleなど米シリコンバレーの大手IT企業やスタートアップ企業らの技術を取り込み、日本企業のデジタル革新を支援する。

  • IoT市場の開拓強化に乗り出したSAP日本法人

    「デジタル化は企業経営の生死を分けるものだが、実はうまくいっていない」。独SAPの日本法人SAPジャパンでソリューション統括本部長を務める森川衡バイスプレジデントは、実証実験で終わるIoTシステムが少なくないという。

  • 野村総研の此本社長の戦略--「DX時代に応えるIT企業に」

    野村総合研究所(NRI)は、2019年度からスタートする中期経営計画(中計)の作成を開始した。此本臣吾社長は「ユーザーのビジネスを、ITを使って変えること」と、ポイントを明かす。

  • 企業風土改革に取り組む日本ユニシスの理由

    「リスクをチェックするレビュー文化では、イノベーションをおこせない。リスクテークしながら、失敗を許容するなどトライを推奨し、チャレンジした人をリスペクトする文化にする」。日本ユニシスの平岡昭良社長は、企業風土改革に力を入れる理由を説明する。

  • 生産性向上で給与アップを図る中堅SIerの取り組み

    生産性向上に取り組む受託開発などを手がけるソフト開発会社は少なくない。問題は、人の数に依存しないビジネスモデルに転換できるかだ。労務費と外注費比が7割から8割を占める人月ビジネスからの脱却ともいえる。

PR

Special

企画特集一覧へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]