編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

SDN導入理由--3位はアプリケーション導入時のミス削減

NO BUDGET

2015-10-21 11:20

 Riverbed TechnologyTechnologyは10月19日、SDN(ソフトウェア定義ネットワーク)やSD-WAN(ソフトウェア定義WAN)の導入に対する企業の関心調査の結果を発表した。

 この調査は米サンフランシスコで開催されたVMworld 2015の期間中、平均社員数2300人の企業に勤めるさまざまな役職の出席者260人を対象に実施したもの。データセンターへのSDN導入に対する強い関心や、拠点向けの新たなネットワーク技術としてSD-WANが注目を集めていることが明らかになったという。

 なお、調査結果を示したプレゼンテーションはSlideShareにて公開されている。

 今回の調査に回答した米国企業の13%では、すでにSDNソリューションをデータセンターに導入しており、現在導入を進めている企業を合わせると全体で77%にも上った。また拠点へのSD-WANについては回答した企業の約5%が導入済みで、導入を検討している企業を合わせると全体の29%に上るということが分かった。企業のSDNに対する関心の高まりが示唆される。

 なお、SDN導入の理由について最も重視される点を尋ねたところ、「新しいアプリケーションやサービスをすばやく導入したい(71%)」「コスト削減(69%)」「アプリケーションやサービス導入時のミスの削減(同68%)」が上位となった。

 Riverbedのシニアバイスプレジデント兼SteelHead/SteelFusion事業部ゼネラルマネージャー、Paul O’Farrell氏は、以下のようにコメントしている。

 「今回の調査では、ハイブリッドIT環境がより複雑化している今日、分散型システムを採用している企業がアプリケーションの可視化とデリバリを、包括的に、より良い形で実現できる方法を求めていることが明らかになりました。SaaSが普及して帯域幅の増強が絶えず求められるようになった現在では、従来型のWANではビジネスのニーズに答えることができません。しかしSD-WANであれば、ハイブリッドネットワークやハイブリッドクラウド環境で、安全かつ最適なアプリケーションのデリバリを実現し、さらにコストの削減、スピードやアジリティの向上、管理業務の合理化も可能になるのです。調査結果を見ると、SDNやSD-WANの導入はまだ始まったばかりといえます」

 「しかし、Riverbedでは3~5年後には、従来の拠点向けネットワークソリューションに代わってSD-WANが多くの企業で利用されるようになると見込んでおり、この新しい市場に備えて数年前から製品の開発に取り組んできました。データセンターから拠点、そしてクラウドへとつながるハイブリッド環境でも、最適なネットワークで最高のアプリケーションパフォーマンスを発揮できるように、今後も研究開発を積極的に進めていく方針です」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]