Fintechの正体

実体化するFintech(後編)--金融機関の選別に向かう2017年 - (page 3)

瀧 俊雄

2016-02-08 07:30

 このような事前登録型の決済では、特定の1枚のカードに使用額が集中していくことになる。従来、日本では流通系のカードなどにおいてポイントサービスなどを起点に、個人が多数のクレジットカードを併用するような習慣が見られていた。そのような状態から、「メインカード」としてのマインドシェアをいかに獲得するかが、従来以上に重要な観点となる。

まとめ

 キャッシュレス化、シームレス化という2つの技術的な軸が金融機関にさらされる中で、重要となるのは金融機関がユーザーにとって、いかに中期的に役に立つプラットフォームとして機能し得るか、という点である。

 そのための手段として、現状のFintechにおいては大企業とベンチャーの協業など他社の強みと自社の強みを融合させて製品やサービスを開発する「オープンイノベーション」が取り上げられることが多いが、自社の内製で生まれるイノベーションもあれば、協業によって生まれる価値もある。個別のメリットをそれぞれ追及しながら、自社の最終顧客が何を求めているのかについて、傾聴と先回りが重要になっていくものと考えられる。

瀧 俊雄
取締役 兼 Fintech研究所長
1981年東京都生まれ。 慶應義塾大学経済学部を卒業後、野村證券入社。野村資本市場研究所にて、家計行動、年金制度、金融機関ビジネスモデル等の研究業務に従事。スタンフォード大学経営大学院、野村ホールディングスの企画部門を経て、2012年よりマネーフォワードの設立に参画。自動家計簿サービスアプリ「マネーフォワード」と、会計や給与計算、請求書発行などのバックオフィス業務向けアプリ「MFクラウド」シリーズを展開している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]