編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Windows 10アップデート「Redstone」のプレビュービルドがリリース

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-02-25 10:51

 Microsoftは米国時間2月24日、「Windows Insider Program」に参加しFast(高速)リングを選択しているユーザーに対して、「Windows 10」の次期大型アップデート(開発コード名:「Redstone」)に向けたPC版アップデート「Build 14271」と「Windows 10 Mobile」版アップデート「Build 14276.1004」を同時にリリースしたと発表した。

 Build 14276.1004は、出荷時点でWindows 10 Mobileが搭載されていた端末、すなわち「Lumia 950」と「Lumia 950 XL」「Lumia 650」「Lumia 550」「Xiaomi Mi4」「Alcatel OneTouch Fierce XL」のみを対象としている(他の既存スマートフォンでは、MicrosoftがWindows 10 Mobileへのアップデートを実施した後で、今回のRedstoneビルドのダウンロードが可能になる)。

 今回リリースされたビルドのいずれにも、バグフィックスが含まれいる。また、モバイル機器版のビルドには、Lumia 950 XLといったデュアルSIM端末向けの新機能として「Visual Voicemail」のサポートが含まれている。

 PC版のビルドには複数のバグフィックスと、Windows 10のルック&フィールに対するアップデートが含まれている。なお、今回のビルドには既知の問題として、PCがハイバネーションからレジュームする際にフリーズしたり、ブルースクリーンが表示されるといういくつかの問題がある(ハイバネーションを無効化するという回避策が示唆されている)。

 Windowsインサイダープログラムの責任者であるGabe Aul氏は、「プライバシー」設定における「フィードバックの間隔」の「フィードバックを求められる頻度」を、Build 14271から「自動(推奨)」に固定するとも述べている。この設定を変更したい場合、Windows 10の11月のアップデートにロールバックする必要がある。

 これらのビルドのバグフィックスやアップデートの一覧は、Microsoftのブログ記事に掲載されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]