編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ
Sapphire Now

S/4 HANA導入は予想以上、マイグレーションに注力--SAPプラットナー氏 - (page 2)

末岡洋子

2016-05-31 07:30

マイグレの具体的なステップ

 ではどうやってS/4 HANAにマイグレーションするか。基調講演では、(1)プランニング、(2)ビジネスコンフィギュレーションの確認、(3)カスタムコード、(4)実行の4ステップでマイグレーションするデモを見せた。

 (1)では、「Maintenance Planner」を利用してシステム、アドオン、サードパーティのアドオンなどをチェックして、S/4 HANAとの互換性情報を知らせ、S/4 HANAに必要な全コンポーネントを検出、リスト化した「コンバージョンブループリント」を作成する。

「Maintenance Planner」を利用して、ウィザード形式で現在のECC環境の準備度をチェックする
「Maintenance Planner」を利用して、ウィザード形式で現在のECC環境の準備度をチェックする

 (2)では、ビジネス機能について深いレベルで分析してS/4 HANAにないものを検出、古い機能を使い続けるか、S/4 HANAで置き換わった新機能を使うかを決定できる。

 (3)カスタムコードについても、(2)と同じような作業となる。「S/4 HANA Readiness Check Tool」というクラドベースのツールを利用して、変更なしに利用できるカスタムコードとともに、使われていないカスタムコードも表示する。

 これを機に一部を削除してシステムをシンプルにすることもできる。S/4 HANAでは270以上のシンプル化を提供するが、これによる影響をうけるカスタムコードを知らせる。そのコードが引き続き必要なら、ドキュメンテーションへのリンクを知らせてくれる。

「Readiness Check Tool」によりカスタムコードを分析、使われていないものも知らせてくれる
「Readiness Check Tool」によりカスタムコードを分析、使われていないものも知らせてくれる

 (4)の実行では、いよいよS/4 HANA環境を作る。「Software Update Manager」を利用して、1)のコンバージョンブループリントを利用して、ダウンタイムを最小にして環境作成ができるという。

「Software Update Manager」を利用してマイグレーションを進める
「Software Update Manager」を利用してマイグレーションを進める

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]