編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら
海外コメンタリー

「OpenStack」に一層注力するレッドハット--「OpenStack Platform 9」リリース

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2016-09-09 06:00

 Red Hatが世界的なLinux企業であるのは周知の事実だ。しかし、Red Hatの思惑通りにことが進めば、世界的なクラウド企業になれるはずだ。同社は米国時間8月31日、「Red Hat OpenStack Platform(RHOP)9」をリリースし、「OpenStack」分野の王座獲得に向けてさらなる歩を進めている。

 RHOPは、極めてスケーラビリティの高い、オープンソースのIaaSプラットフォームであり、プライベートクラウドやパブリッククラウド、ネットワーク機能仮想化(NFV)環境における配備やスケーリング、管理を念頭に置いて設計されている。なお、同製品はOpenStackコミュニティーの「Mitaka」リリースがベースになっている。このリリースでは配備の容易さに焦点が当てられており、インストールが難しいというOpenStackの評判を拭い去ろうとしている。

 RHOP 9は、クラウドやコンテナとの親和性がかつてないほどに高められた、同社の旗艦OSである「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)7.2」をベースにしている。またRHOPには、分散型のソフトウェア定義ストレージを実現する「Red Hat Ceph Storage 2」と、クラウド統合管理/監視ツール「Red Hat CloudForms」が搭載されている。

 Ceph関連として、RHOP 9では顧客が堅牢かつスケーラビリティの高いクラウドストレージソリューションを評価できるよう、64テラバイトまでのオブジェクトやブロックストレージを追加投資なしに取り扱えるようになっている。

 CloudFormsによって、OpenStackリソースに関する固有情報の検出や監視、詳細な検証といった機能が提供される。またこれにより、インフラを構成するコンポーネントや仮想化されたワークロードすべてに対する、ポリシーベースの運用管理やライフサイクル管理に関する意思決定が可能になる。なおRed Hatは、最近買収したDevOpsツールの開発企業Ansibleと、この製品がどのような関係になるのかついては語っていない。

Red HatはOpenStackのディストリビューションに関する大きな構想を描いている
Red HatはOpenStackのディストリビューションに関する大きな構想を描いている。
提供:Red Hat

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]