「作らない社内システム」

「作らない社内システム」の必要--余計なコードを書かない考え方 - (page 2)

大石 良 2016年10月06日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

ものづくりは優位性を保てるか

 こうした危機に対して、私たちはどのように対処するべきでしょうか。

 例えば、日本のお家芸「ものづくり」分野では、新興国とは品質の差があるから大丈夫という人もいるかもしれません。ですが、日本人お得意の職人芸や持続的なカイゼンで得られた優れたものづくりノウハウも、IoTやAIといったITのパワーでひっくり返されてしまいそうです。

 GEではAWSを用いてものづくりに活かしていくIoT基盤「Predix」を構築し、140万の医療機器と2万8000基のジェットエンジンに1000万のセンサを取り付け、生産性の向上に貢献していると発表しています。

 また、先日もGoogleのデータセンターでAIが電源効率を40%削減した、という事例が報道されていました。Googleが世界で最高レベルのエンジニアを擁していることに異論を挟む人はいないと思いますが、こうした人々の知恵や創意、工夫をもってしても成し遂げられないイノベーションをAIが成し遂げてしまう、ということが本当に起きているわけです。

 こうした背景を理解せずに「ものづくり」など過去の栄光に浸り続けていると、人間では到底なしえないレベルの生産性向上をAIが実現してしまい、あっと言う間に優位性を奪われてしまうということもあり得ます。

つくらないITシステム

 こうした「起こることが分かっている危機」に対する解決策はあるのでしょうか。その一つが本稿のテーマである「つくらないITシステム」という考え方です。

 つくらないITとは、「クラウドなどの世の中にあるITの仕組みを組み合わせて使うことで、不必要なコードは書かず、つくらずにシステムの目的を達成する」ことをIT戦略の中核に据えるという考え方です。

 優れたクラウドサービスの組み合わせによってITインフラを実現していこうというコンセプトとも言えます。例えばサーバやストレージと言った基本的なリソースはAWSで、ファイル共有や外部コラボレーションにはオンラインストレージのBoxを、顧客管理にはSalesforce、ドキュメント作成にはOffice 365、コミュニケーションにはSlack、そしてこれらのID統合にはOneLogin、といった具合です。

 こうした考え方が生まれた背景には、以下が挙げられます。

クラウドの台頭

 優れたパブリッククラウドの利用が、自社でITインフラを持つ場合よりもコスト、生産性、セキュリティといったあらゆる局面で有利と考えられるようになったこと。

 「優れたパーツを組み合わせることで、トータルのコード量を減らしつつ品質をあげていく」という考え方(SOA)は既にありましたが、社員が数千〜数万の規模の会社ですら、コンポーネントの品質を上げ、再利用可能な状態にするには規模が小さすぎたのかもしれません。AWSやSalesforceといった巨大なクラウド事業者が数十〜数百万ユーザーという規模で利用されるようになることで、SOAの理想が現実のものになったと言えます。

人口の減少

 2つめは人口の問題です。これまでは「人口が増える」前提があったので、開発や運用で多少の頭数が必要でも力技でなんとかなっていましたが、人口が減少していくなかでは採用もままなりません。

 更に悪いことに、人口の減少が現実になることで将来的にはオフショア開発もやりにくくなります。「海外のアウトソーシング事業者にとって日本が将来有望なマーケットではなくなってしまっている」のです。今まではのんきに「人が足りなければ海外に頼めば良い」と思われていましたが、そのような認識を持てなくなりつつあります。

 これからのシステムを考えるにあたって「頭数でなんとかする」ことはできなくなります。既にあるものは使う。作るものを少なくする。それによって、携わる人数を減らしていく、といった考え方が欠かせなくなります。

スピードへの要求

 最後は、スピードへの期待です。これまでは「人口は増加し、経済は成長する」という前提の議論が成立していたので、長期の投資がやりやすく、経済が成長する前提で長期の投資が実行できた。ところが、そうした長期の見通しは立てにくく、競争相手は国の内外を問わず思いも寄らないところからやってくる。このような状況では、事前の見通しを立ててじっくり取り組む余裕は失われ、より早く、機動的にITインフラも姿を変えていく必要があります。これまでのように「数年かけて、よいものをじっくり作る」という計画が是認されにくい環境になっているわけです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]