「作らない社内システム」

システムを作らずにSaaSを使い倒す--セキュリティを強化するID管理 - (page 3)

宮澤 慶

2016-10-25 07:00

OneLogin(SSO)の導入と端末管理

 SSOを社内に導入するにあたっての課題は、Active Directory(AD)を利用した既存のID管理システムからどのように移行するかということでした。社内システムと、端末のID管理をAD経由で展開おり、移行方法を検討する必要があったためです。

 まず、社内システムとのID連携部分をどうやって移行するかを考えました。

 当時、社内システムでID連携していたのは、ファイルサーバと課題管理システムでした。

 ファイルサーバについては、SaaS型のファイルサーバ「Box」への移行が決定していたため、移行完了まで、そのまま利用することにしました。また、課題管理システムについては、課題管理システム上のローカルユーザーを作成後、OneLoginを利用してログインをさせるという形で移行を実施しました。

 そして、もう1つの課題が端末のID管理です。

 既存の環境では、PCをActive Directoryに参加させて、管理していましたが、社員の働き方を変えるという目的で、BYOD(Bring Your Own Device)制度を検討していました。

 BYOD制度が検討された背景は、サービス開発担当の社員から「会社から提供されているWindows端末を利用して業務することにより、Macを利用して開発業務を行ったほうが効率よく業務ができる」という声がきっかけでした。

 端末管理の考え方が大幅に変わることとなり、端末管理はADを利用するのではなく、デバイス管理サービスを利用することで、端末のパスワードポリシーの強制や悪意のあるソフトウェアの検知などができるようになりました。

 これにより、端末のログインIDはデバイス管理サービスでポリシー設定し、クラウドサービスなどの各種ウェブサービスへのログインはSSOに統一することができました。

 そのため、われわれは、以下のような順序で導入を実施しました。

  1. OneLogin上に社員のIDを発行
  2. 各クラウドサービスをOneLoginに登録
  3. 権限設計
  4. 利用開始
  5. Active Directoryの停止

 これらの移行期間は1カ月程度でした。

 これは、前述の通り、既存のシステムと連携したサービスが少なかったこと、社員数が50人程度だったことが起因していると筆者は考えています。

 また、自社でシステムを持たないため、管理者は認証基盤としての設定(IDの統合と権限管理)などに集中することができるため、短期間での導入が可能でした。

 もちろん、OneLoginが使いやすいサービスであったことは大きなポイントでした。

 もし、既存のID管理システム(ADやLDAPなど)があり、そのシステムと連携している場合にも、そのログイン情報をそのまま OneLoginから利用することも可能です。そのため、規模によらず、OneLoginへの移行がスムーズです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]