ユーザー体験と内製化の関係

「働く仲間を増やすために魅力的であれ」--マネーフォワードの採用戦略 - (page 2)

越川 直人 2016年11月29日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

応募

 また、日本ではまだ珍しい「フルタイムRubyコミッター採用」では、OSSへの貢献の姿勢を示しました。RubyKaigi2016では、フルタイムのRubyコミッターである、当社の卜部がRubyの高速化について発表することで、この活動の成果を示すことができました。

 さらに一歩進んで、OSS活動ポリシーを制定することでマネーフォワードのエンジニアが誰でもOSS活動がしやすい環境を用意しています。われわれの事業を支えるOSSのソースコードは、事業のアプリケーションコードと同じようにメンテンスしようというわけです。

 このような活動が、優秀なエンジニアと働くことに喜びを感じるエンジニアや、OSSに興味のある優秀なエンジニアの興味をひくきっかけのひとつになり、トップエンジニアが集まる土壌となると考えています。

 選考プロセスへ進む前に、応募の窓口としてコミュニケーションを取る機会が複数あることは魅力につながります。

 自社サイトに採用ページを設けるのはもちろん、Wantedlyを入り口としたカジュアル面談の機会を設けています。月に1度、特定のテーマに沿った発表と懇親会を実施する、Money Forward Meetupでは、就業先としてのわれわれの雰囲気がわかり、複数の社員と直接話せる機会となっています。十分に情報を得てから、応募してもらうための環境を作るのです。

 われわれは社員紹介による「リファラル採用(推薦採用)」にも力を入れており、Money Forward Meetupは社内のメンバーが社外の人を気軽に呼ぶ場としても機能しています。定期的に開催するMeetupがあると社員もきっかけが作りやすくなります。

 また、エンジニアの場合は、他社との技術交流の場として、共同で勉強会を開くことが多いです。すぐに応募につながらないとしても、個々人のつながりから、横のつながりが生まれます。自社の周りにそのようなコミュニティを形成することが重要です。

応募

選考

 選考プロセスは採用フローの中でも最も重要で、難しいものです。なぜなら、選考プロセスで確実に正しい判断をすることは不可能だからです。選考プロセスは、外からやって来る仲間が明確な採用候補者となる瞬間でもあります。ここでは選考から入社までは、外からやって来る仲間を「候補者」と呼びます。

 前提として、選考プロセスは相互理解の場であり、マネーフォワードのこと、マネーフォワードの従業員のことを生で感じてもらう機会でもあります。お互いにとっての選考プロセスとなっていることを意識することが大事です。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算