2016年の「IT人材」と採用

“いい内製化”のためのチーム作り--ビジネス強者のエンジニアが育つわけ

竹内真 2016年07月12日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビズリーチで取締役を務める竹内真です。現在、200人近いエンジニアやデザイナーを抱えるビズリーチでは、数々の事業をゼロベースから内製で作り、スケールさせてきました。2009年に即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」をはじめてから、「キャリアトレック」、地図で仕事が探せるアプリ「スタンバイ」、先日は戦略人事クラウド「HRMOS(ハーモス)」をリリースし、約7年でHR×テクノロジ領域を中心に7つ以上のインターネットサービスを立ち上げてきました。

 これら全て、自社のエンジニアやデザイナーらの力を結集して作り上げたものです。

 前回で、内製化を進めるにあたって、私たちが取り組んできた人事評価制度やオフィス環境についてお話しましたが、今回は、内製化で組織をつくるにあたって、私が意識して取り組んできたことをお話したいと思います。

内製化はビジネスサイクルを早め、外注は安定稼働を実現する

 まず、プロダクトをつくるにあたって内製化で組織をつくることが全て正しいとは言えません。内製するか、外注するか。その基準の1つは、サービスの規模感にあると思います。「小さく作り、大きくしていく」という開発サイクルであれば内製に、「大規模なものを確実に動かす」ということであれば外注に依頼したほうが良い、というのが私の考え方です。社会のインフラと化した規模のサービスであれば、外注のほうが品質を担保しやすいと言えるでしょう。

 内製化のメリットとして特に大きい物は「スピード感」です。内製化であればテストをある程度簡素化し、品質よりリリースを優先するといった融通をきかせやすくなります。

 リーンスタートアップのように、サービスをまず公開し、得られたフィードバックをもとにどんどん改善を加えて完成度を高めていくというやり方はマッチしやすいでしょう。

 ビズリーチも立ち上げの頃は毎日何度もリリースをし、現在でも2週間に1回のペースでリリースしています。サービスの規模感に応じて、どのような組織でプロダクトをつくるべきかは見極めが必要です。

 一方で、サービス規模が大きくなればなるほど、外注のメリットも生まれます。例えば、あるECサービスを立ち上げ、それがある程度カタチになったとして、その後どれだけスケールするかは商品の価格や品ぞろえ次第になります。

 つまり、プログラミングではなくマーケティングの勝負になるわけです。ここでどんなに素晴らしいプログラミングスキルを持ったエンジニアがサービスを構築し続けたとしても、売り上げを2倍、3倍にすることは困難になってきます。

 継続的につくり続けるものがなければ、優秀なエンジニアを囲い続けることで、大きなコストになる可能性もあるわけです。きちんとアウトプットの品質を担保できるパートナーが見つかっているのであれば、外注したほうがセキュリティ面などで安全性を担保できることもあります。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化