海外コメンタリー

インシデント対応を効率化するPagerDutyの取り組み - (page 3)

Colin Barker (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2017-02-06 06:30

 かつてのIT部門は、このようなかたちでユーザーとやり取りしていなかったと同氏は確信している。同氏は「過去を振り返った場合、開発者向けツールは緑一色の画面と極めて単純なスクリプト、貧弱なユーザーエクスペリエンスやコラボレーション機能など、劣悪なものだった」と述べ、「こうした状況は劇的と言えるほどに改善されてきている」と続けた。

 PagerDutyでは、アラートの統合プロセスや通知プロセスを単に自動化するだけでなく、関連プロセスに機械学習を適用し、どのアラートが最も重要なのかを判断するプロセスも自動化している。

 同氏は「これは、問題を可視化するとともに、その問題が大きいのか小さいのかを判断するうえで手を貸し、問題の核心をあらわにするという話なのだ」と述べた。

 「われわれは2016年に『Operations Command Console』という製品を発表した。この製品によって顧客は、より大きな影響をもたらす可能性がある技術的な問題の兆候を把握できるようになる」(Tejada氏)

 その機能の1つに、「システムや開発者からの情報を基に把握した問題と、業務成果の間の関係を理解するための支援」がある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]